ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by plamolog at 12:10
初めまして、第2回アーマ..
by ユタ・ビーチ at 10:21
>ブルーベルさん どう..
by plamolog at 14:35
ご無沙汰しております。 ..
by ブルーベル at 16:30
>Tabithaさん ..
by plamolog at 16:46
はじめまして。塗装・工作..
by Tabitha at 11:59
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 00:31
S04号 カメラマンやカ..
by waffe_pzkpfw at 21:02
> waffe_pzkp..
by plamolog at 10:39
右腕はスクラッチなんです..
by waffe_pzkpfw at 10:26

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
ライフログ
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
4号C型〜ウェザリング.その2
まだまだもうちょっと調子をつけていきます4号C型。
b0075321_8582268.jpg
油彩でのフィルタリング。明度を上げるための白、砂埃の黄、空の青、と汚れも光の反射もごちゃ混ぜに塗り込んでいきます。
b0075321_9183151.jpg
※画像クリックで拡大表示します。
左がフィルタリング直後の図。右はスミ入れとハイライティングを施した状態。
b0075321_9184144.jpg
レインマークとかしみ汚れを描き込んでほぼ完成。でもまたここから部分的にフィルタリングからやり直したりを何度も繰返します。
b0075321_9295484.jpg
E型以前の4号戦車は砲塔がカッコ良いですな。
b0075321_930560.jpg
短砲身もイイ。
[PR]
by plamolog | 2014-01-31 09:34 | ◆4号戦車C型 | Comments(15)
Commented by Surfing at 2014-01-31 13:52 x
油彩の点付け。いいっすね。工程もしっかりわかるようにアップしてくださりありがとうごいます。
乾いた筆か、それに近い感じを使う、というところがミソと感じました。ありがとーです。<(_ _)>
Commented by plamolog at 2014-02-01 10:23
>Surfingさん
「乾いた筆か、それに近い感じを使う・・・」そのと〜りっ!!
油彩フィルタリングのとても重要な技術です。ラッカーでもアクリルでもエナメルでもできない油彩独自の表現ができると言うわけです。
Commented by Surfing at 2014-02-03 01:17 x
油彩の魔術師、というか、油彩を自由自在に操り、タカペさんならではの個性を表現している、というところに惹かれまして。いつも、唸らせて頂いております。
Commented by plamolog at 2014-02-03 23:17
>Surfingさん
うわははは、、、むははは、、、アゲられっぱなし(笑)
おかげさまで好き勝手やらしていただいております。
Commented by NORIO at 2014-11-15 12:52 x
いつもブログで勉強させてもらってます!
いきなり申し訳ございませんが質問します!
塗装についてですが、基本塗装を終えて油彩によるフィルタリングやウェザリングに入る前に艶ありクリヤーで保護するのでしょうか?
私は保護しないでフィルタリングに挑戦したのですが乾いた筆でこするのですが油彩が上手にのびてくれず、基本塗装にくっきりと油彩がのこってしまい結局溶剤をつけた筆で拭き取ることになりました。
長文失礼しました。もしよろしければお返事下さい。
Commented by plamolog at 2014-11-15 23:10
>NORIOさん
ご質問ありがとうございます。
油彩に入る前にはクリアーを吹きますが、艶ありよりは「半艶」セミグロスクリアーを使います。
フィルタリングで絵具がくっきり残ってしまう場合は、のせる絵具に溶剤を混ぜて「ゆるく」しておくか、のばす筆に溶剤を微かにふくましてこするようにすれば上手くいきます。
また、広い面積を一気にやろうとせず、塗ってすぐ伸ばせる範囲で、少しずつ小分けに作業するのも良いかもしれません。一度お試しあれ。
Commented by NORIO at 2014-11-16 00:34 x
お返事ありがとうございます!
いろんなブログ見てきましたが1番自分の理想の作品を製作されているので思い切ってコメントしてみました!
これからも素晴らしい作品達を見るのを楽しみにしています!
応援しています!ありがとうございました!
Commented by plamolog at 2014-11-17 10:15
>NORIOさん
こちらこそ、今後とも末永く応援よろしくお願いします。
Commented by 通りすがり at 2016-03-24 15:18 x
油彩に入る前に、セミグロスクリアーで保護するとのことですが、各油彩での作業毎にもセミグロスクリアーで保護されるのでしょうか?
(油彩でフィルタリングした後に、油彩でレインマークを入れる場合等、前作業の油彩が次作業時のシンナーで落ちてしまわないのでしょうか?)
Commented by plamolog at 2016-03-25 15:01
>通りすがりさん
油彩の作業中はクリアー塗りはしません。
油彩はしっかり乾くと下に塗った絵具が落ちたりはしませんし、半乾き状態で前行程の絵具が多少落ちても、また塗って重ねてを繰り返していくうちに、それが“味”になったり“深み”になったりして、案外良い結果になったりしますよ。
Commented by 通りすがり at 2016-03-26 00:48 x
ありがとうございます。参考にさせて頂きます。
Commented by 初心者 at 2016-04-08 00:02 x
どうも、AFV初心者です
初めてのフィルタリングの参考にこのブログに来ました
手法をじっくりパクらせていただきます!

Commented by plamolog at 2016-04-09 19:06
>初心者さん
このやり方が正しいかどうかは怪しいのですが
油彩はいじくり倒してたら「深み」が出てきますので
恐れずにどんどん筆を動かしてみてください。
がんばれ!
Commented by 初心者 at 2016-04-11 20:40 x
テストピースにて油彩(ウルトラマリン)を置いてやってみてますが、ほとんど実感得られないです…

確か、油彩をちょんと置いてほぼ溶剤が乾いた筆で伸ばすというやり方ですよね?
Commented by plamolog at 2016-04-12 10:28
>初心者さん
絵具の乗りが悪いようであれば、筆に溶剤を付けずに、対象に擦り込むように伸ばしてみてください。絵具が残り過ぎるようであれば、また溶剤で落としたり、さらに擦り込んだり。。。
なんだかんだやっているうちに元の色の上に薄ら膜ができたようになりますよ。
がんばれ!
<< 4号C型〜ウェザリング.その3 4号C型〜ウェザリング >>