ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
最新のコメント
>ブルーベルさん どう..
by plamolog at 14:35
ご無沙汰しております。 ..
by ブルーベル at 16:30
>Tabithaさん ..
by plamolog at 16:46
はじめまして。塗装・工作..
by Tabitha at 11:59
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 00:31
S04号 カメラマンやカ..
by waffe_pzkpfw at 21:02
> waffe_pzkp..
by plamolog at 10:39
右腕はスクラッチなんです..
by waffe_pzkpfw at 10:26
> waffe_pzkp..
by plamolog at 15:24
タイガーフィーバー絶好調..
by waffe_pzkpfw at 19:21

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
ライフログ
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:◆道具・材料( 19 )
ウェーブ コンプレッサー218(エアタンク付)
b0075321_12060397.jpg20年以上使用しているコンプレッサー。八重崎空圧の「ホーミー」っていう機種で、購入当時羽振りが良かったのか超高価なものでした。サイズが大きすぎる以外は作動音もそこそこ静かでパワーも充分、タンクが付で繊細な吹き付けも安心な優れものでした。が、、、タンク内の錆びからエアー漏れが酷くなり、修理を試みたものの、状況はさらに悪化。買い替え決定しました。ま、20年以上酷使してきたので良しとしましょう。

で、新たに導入したのがこいつ
b0075321_12145346.jpg
コンプレッサーなんて生涯何度も購入するもんじゃないので、迷いに迷ってウェーブの「コンプレッサー218エアタンク付」に落ち着きました。
作動音が静かで絶大に評判の良い「Mr.リニアコンプレッサー」と迷ったのですが、タンクの有無とパワーで218が勝利。音もまあまあ静かだしね。あくまでも「まあまあ静か」って程度です。Mr.リニアコンプレッサーの「これ動いてるか?」ってほどの静寂性はありませんよ。ま、うるさいってほどの作動音でもないのでパワーとエアタンクの恩恵を満喫するとします。


[PR]
by plamolog | 2017-03-21 12:32 | ◆道具・材料 | Comments(0)
オランダドライフラワー
製作記事を書かずに「コレ買いました」「コレ食べました」的なことばっかりのブログにしちゃイカンと常々言い聞かせておるのですが・・・コレ届きました。
b0075321_928087.jpg
精密機器って? 何か極小の機械が埋込まれているのか!?
b0075321_92392.jpg
一時期入手困難だったオランダドライフラワー。最近では結構自由に買うことができるようになりました。購入先のさかつうギャラリーさまさまです。
ジオラマの樹木はこれでバッチリ! もうちょっとしたらコレを使った記事をアップしますね〜。
[PR]
by plamolog | 2014-05-12 09:41 | ◆道具・材料 | Comments(4)
プラ板チョッパー自作
以前から必要だったけど、既製の専用のチョッパー買うほどでもないし、でもあるとかなり便利だし、、、でも買うほどでもないし、、、を繰返して、とうとぷ作っちゃいました。
b0075321_952967.jpg
プラ板チョッパー。0.5mmくらいまでの厚さならネギを刻むようにじゃんじゃんプラ板を切れます。ミリ単位の板を垂直水平をだしながら何枚も切り出すのって、定規とカッターナイフでやろうとすると結構躊躇してしまうのですが、コレならやり過ぎるくらいに量産できますぜ。
製作費は2000円以下! なんだか勝利した気分(笑)
[PR]
by plamolog | 2014-05-10 10:04 | ◆道具・材料 | Comments(6)
筆塗り補助具
道具もうちょっと紹介します。
と言っても「○○のエアブラシ」とか「△□×のモーターツール」とかっていうのも、もう面白くないので、ものすごく地味な道具たちを紹介。
b0075321_9552488.jpg
え?どこ?って、手を置いている角材です。地味すぎて分かりづらいですね。細かい塗りをする時に手を固定する台として使います。自分的はかなり重要な道具です。次は・・・
b0075321_1005395.jpg
さらに地味(笑)
筆につきすぎた絵具を拭うやつ(なんて言うんだコレ?)。まあ、ティッシュを畳んで置いておいたらいいんですが、ふわふわズレるんでA6サイズのクリップボードに留めております。これも自分的にはすごく気持ちの良く作業できるので、すぐれものだと思っておるのですが・・・地味かな。。。
b0075321_10143358.jpg
ちなみに秘密裏に塗っておりました「総統」と「高級将校」はバーリンデン製。箱詰めにして旅立ちました。「総統」は映画を参考に塗りました。
[PR]
by plamolog | 2013-10-23 10:20 | ◆道具・材料 | Comments(13)
道具のこと〜キサゲ刷毛
キサゲ刷毛っていうのは、ハンダ付けした時にはみ出したハンダを削り取る小さいワイヤーブラシのような物。
b0075321_15503411.jpg
一番左の物は、鉄道模型の名店、マッハ模型オリジナルのキサゲ刷毛。青い軸のペンタイプは、製図用の芯ホルダーを利用した自作モノ。その他の2つも自作。更に細かい場所のヤスリがけに威力を発揮します。
b0075321_15503653.jpg
刷毛部分は、1mm径のステンレスワイヤーをほぐして真鍮パイプに差し込んでハンダ付けで完成。
b0075321_15501272.jpg
ピンバイスに取り付けると更に便利に。リューターに装着して高速回転で使うと、、、もうはみ出しなんか怖くない!!
[PR]
by plamolog | 2013-10-18 14:00 | ◆道具・材料 | Comments(4)
撮影機材
最近開発したマニアグッズのご紹介。その名も「卓上手ぶら撮影システム!」
ジュワ〜ン!↓
b0075321_15573455.jpg
模型の製作過程を撮影するのに特化した・・・というかそれくらいしか使い道は無いのだけれど、かなり便利です。
製作中の撮影をする時に今までは左手でカメラを持って撮ってたのですが、利き手じゃないほうでシャッター押すのはなかなかに難しくブレやすい。じゃあ三脚立てて撮ればイイじゃんと言われそうですが、そもそも模型製作中は机の上から床から色んな物が散乱してて三脚など立てるスペースが無いし三脚出すのが面倒臭い!
ということで、アームライトのライト部分を外して自作しちゃいました。
b0075321_1694513.jpg
う〜ん便利便利!これを使えば簡単な動画も撮れそうです。
課題としては、コンパクトカメラくらいの重さまでしかホールドできないこと。できれば一眼レフくらいの重量に耐えれる物が欲しいのですが・・・
片付けて三脚立てろって?(笑)
[PR]
by plamolog | 2010-04-03 00:11 | ◆道具・材料 | Comments(0)
固定具について
アーマーモデリング次号の掲載作品作りで潜伏しておりましたが、〆切りから大幅に遅れて無事(?)に納品できたので再浮上でございます。
ネタは、模型製作に便利な固定具について。
b0075321_1431540.jpg
後はウェーブ社の言うところのモデリングハンズ。別名で同じ物がホームセンターでも入手可能です。前列はオリジナル製作で、左から、戦車塗装グリップ、戦車塗装グリップ初期型、その右がフィギュア固定グリップとなっております。
戦車塗装グリップの初期型と現行型の違いは、初期型が底面からのみの固定に対して現行型はターレットの上面側からの固定ができるようにしたスグレモノであるということです!。・・・って、作る時にちょっと考えれば分かるだろっていう程度のものなのですが(笑)
b0075321_14314352.jpg
このように裏面の塗装もラクラクなのです!
b0075321_14561317.jpg
で、このグリップの底面に穴を数カ所空けておけば、モデリングハンズのクリップにちょいと挟んで・・・
b0075321_14581294.jpg
こんなトリッキーな固定ができるというワケ。あまり大きな戦車には向いていませんが4号戦車くらいまでなら大丈夫でしょう。
フェンダーとか車輛上面の細かい描き込みをする際にはなかなかの威力を発揮します。なにより、ちょうどイイ角度になる支えの塗料瓶や本を探さなくても済むのが嬉しい。
b0075321_1541774.jpg
フィギュアの細かい塗装もこの通り!!
b0075321_155432.jpg
最後はフィギュアの固定具。木片にピンバイスをひっつけただけですが、ベースとの固定用に仕込んだ真鍮線なんかをくわえて固定するのに便利。

どれもありそうで無かったものばかりでしょ?
無けりゃつくるんですよ!
実は模型作りよりこういうもの作るほうが好きなのです。
〆切りが迫った依頼モノ作ってる時に限ってこういうアイデアが湧き出すんですね不思議と(笑)
いやいや、〆切り破りと本件は全然関係ありませんよ、念のため。
[PR]
by plamolog | 2009-10-28 15:19 | ◆道具・材料 | Comments(4)
ファレホと精製水
2号J型の乗せるフィギュアをファレホで塗装。
b0075321_13543532.jpg
以前の記事でも遠回しに「使いにくい」感をなにげに述べていましたが、突破口が開けたような感じです。それは精製水。
b0075321_13544546.jpg
アクリル絵具のファレホは絵の具を溶くのに水が使えるわけですがその水に精製水を使うことで、ファレホに対する「なんだかなぁ感」は払拭されました。普通に塗ったり筆洗いなんかは水道水でも全く問題ないのですが、微妙なタッチで明暗を描き込む繊細なフィギュアの塗装では、コレ必須と言ってもいいくらい。ネットや雑誌の情報では「精製水を使うといいみたい」くらいの「できれば・・・」程度の印象なのですが、僕の感覚では「ファレホの溶剤は精製水です!」と高らかに言い切りたいくらい。で、模型店のファレホ売り場には精製水を常備していただきたく、さらに「水で溶ける塗料ですが、水道水の使用はお客様の自己責任でお願いします」とか「水道水で溶いて筆塗りしてテンションだだ下がり状態になられましても当店は一切責任をとりません」とか、なんだったら「水道水使用禁止」くらいのこと表示しててもいいんじゃないかな(笑)
と、いうくらい精製水使うと塗りやすさが飛躍的に向上しました。
[PR]
by plamolog | 2009-10-04 14:49 | ◆道具・材料 | Comments(14)
ヘッドルーペ
ここ数年やけに眼が悪くなって、小さいもの見づらいだけでなく、大きい物まで見づらくなってきた。
メガネ屋さんに聞くと乱視とわずかに老眼があるみたい。
昨今の超絶ディテールのキットやフィギュアを製作するにはルーペが必須アイテムになってしまった。
で、最近新調したのがコレ↓
b0075321_15481886.jpg
老眼モデラーにはお馴染みのスタンダードなヘッドルーペで文字通り頭に巻いて使うタイプ。レンズ部は2枚構造で、1.5倍と3.5倍に調整できる。
何故これを新調したかと言うと
b0075321_0323313.jpg
今まではこのメガネに挟んで使うモノを使っていたのですが、ルーペのレンズの重みでメガネがずり落ちるんです。集中して作業して気がつくとメガネが鼻の先まで落ちてたりして、ちょっと不満を感じてたのです。
b0075321_4131276.jpg
そいういえば以前こんな手術に使うような双眼ルーペを大枚はたいて購入したのですが・・・・重くてあんまり使ってません(笑)
超微細なここ一番の塗装の時にポイントで使うのがイイみたい。日常ではやはり軽さと取り回しの良い2〜3倍のモノが使いやすいですね。
b0075321_1674244.jpg
新調したヘッドルーペ装着で製作した2号J型に乗せるタンククルー。今回はタンクのT-35070「ドイツ軍戦車兵.クルスク1943年夏」の彼。ヘッドフォンとターミナルスイッチはロイヤルモデルの物に交換して、コード類は0.2と0.3mmの真鍮線を使用しています。
[PR]
by plamolog | 2009-09-24 16:15 | ◆道具・材料 | Comments(10)
戦車底面結合製作補助具
人は(僕は)案外忙しい方が色んなことに脱線してイイみたいです。多忙な仕事からの逃避で仕事以外の様々なアイデアが湧いてくるんです。学生時代の試験前に無意味に部屋の掃除をはじめちゃうアレね。
今回発作的に思いついて作ったのがコレ
b0075321_15185983.jpg
戦車塗装時の「持ち手」でございます。傾けてもひっくり返しても取れないスグレモノ(自画自賛w)。両面テープとかガムテープとかで留めてるんじゃなくて
b0075321_15223212.jpg
ネジ留めなのです。
上段の小さい方の円柱の中をくり抜いてボルトを仕込んでいるので、取外し可能なナットと模型を共締めして固定できます。
この「固定」と「取外し可能」というのがミソでして、固定する事で缶スプレーの上に置いた模型がエアブラシの風圧でぶっ飛ぶなんて事故が防げるワケです。
模型側に空けた取付け用の穴は、その後台座に固定する時や輸送時の固定用ネジ穴となるので無駄がありません。う〜んこの上ない自己満足に浸っております。
b0075321_1603257.jpg
塗装用具つながりでもう一個紹介。シリウスの回転塗装台買っちゃいました。5000円也。台が回転するだけで5000円って・・・どうよコレ、高いよなぁ。購入するのに三ヶ月悩みました(笑)
機能的にはコレといってどうという事は無いんです。素材が金属で頑丈だからガタつかないし堅牢。まぁ、そんなに壊れるようなことしないんですけど・・・。購入動機はズバリ「見栄」です(笑)ムハハハ。雑誌掲載の製作途中写真なんかにチラっと写る密かなオシャレ(なんじゃそら)。まあ、模型製作時は毎回使うもんだし、たぶん一生使うし、イイかと。
・・・・さ、仕事に戻ろう。
[PR]
by plamolog | 2008-05-16 15:45 | ◆道具・材料 | Comments(3)