ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
最新のコメント
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 00:31
S04号 カメラマンやカ..
by waffe_pzkpfw at 21:02
> waffe_pzkp..
by plamolog at 10:39
右腕はスクラッチなんです..
by waffe_pzkpfw at 10:26
> waffe_pzkp..
by plamolog at 15:24
タイガーフィーバー絶好調..
by waffe_pzkpfw at 19:21
そうですよね〜フィギュア..
by plamolog at 10:02
フィギュア追加すると作品..
by waffe_pzkpfw at 20:54
> 川田哲史さん ご覧..
by plamolog at 14:15
> グリムさん ご心配..
by plamolog at 14:14

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆ウィリスMBジープ
◆その他の製作
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
未分類
ライフログ
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:◆タイガー1最初期型100号車( 4 )
ファーストタイガー完成!!
耳付きのファーストタイガー100号車。完成しました!
b0075321_18294657.jpg
前面の「マムート」マークと車体の見た目はやっぱり関係があるのかな? やっぱり象ですよ象。
b0075321_18305844.jpg
b0075321_18532082.jpg

キットは素晴らしいの一言。タミヤのタイガーにもの足りなさを感じてるけど、アフターパーツやら追加工作はイヤって人には是非作ってもらいたいキットです。まあ、キットレポートなどは仙波堂さんのHPをご覧頂いた方が判りやすのでそちらをどうぞ。
b0075321_18461179.jpg

b0075321_18453044.jpg
b0075321_18591642.jpg
車台側面は何にもなくてあっさりしてます。この時期のタイガーの特徴の一つで、履帯交換用のワイヤーも無ければ、サイドスカートもありません。はみ出した履帯から巻き上げられるであろう土埃で、単調な装甲面に変化をもたせています。
b0075321_1854835.jpg
この時期のタイガーは、左用右用とそれぞれ専用履帯を使用しており、おのずと交換用の予備履帯は2種類用意されています。
b0075321_1905858.jpg
左下の写真。第一転輪の外側は外しているのがポイント。露出した取り付け部も正確(たぶん)に再現されています。この「第一転輪外し」は、起動輪の外しやすさなどのメンテナンス性向上のために、後々の車両でも伝統的に行われていたようです。
b0075321_1904981.jpg
その他、最初期型独特のレイアウトなどをば。
b0075321_19155238.jpg
車長フィギュアはタカハシモデリングのメル・ギブソン似の彼。腹の辺りの横シワがイイ感じです。首に巻いた白いスカーフがエリートっぽいですな。
b0075321_19155952.jpg
右腕はハッチ位置を避けるように角度を変えて改造しています。ヘッドフォンと帽子のツバはツヤ有りの黒を塗っています。
b0075321_19163850.jpg
はぁ〜疲れた、と言いたい所ですが、全然ストレス無しで出来てしまいました。不思議と疲労は感じません。やっぱりこのキット秀逸ですよ。
今度はこのキットをベースにエアクリーナー付きの初期型とか作りたいな〜。
[PR]
by plamolog | 2010-09-25 19:27 | ◆タイガー1最初期型100号車 | Comments(6)
タカハシモデリングを塗る
ファーストタイガーに乗せるフィギュアを製作。
b0075321_1852428.jpg
タカハシモデリングのTK3537「独 第505重戦車大隊中尉 1944 東プロセイン」という製品。でも、商品であってもこれは「作品」と言いたい出来です。一見アルパインやプラトーンのような超絶感は無いのですが・・・
b0075321_18523093.jpg
塗ってみると「おぉ!わぁ!」ってどんどん彫刻が浮き出てくるような印象。ヘッドフォンは装着状態で抜かれていて、しかしとても緻密なディテールが素晴らしい。ヘッドフォン別で作るの面倒くさいのでこれは有難い。
しかし、まあ、フィギュアは原型で決まりますな〜。原型の凹凸に導かれるようにスイスイ塗れました。
[PR]
by plamolog | 2010-09-23 19:06 | ◆タイガー1最初期型100号車 | Comments(6)
最初期・・・ファーストタイガーと書いたけれど
タイガー戦車にまつわる文献(手元にあるものだけですが)を読んでいると、色んな形状のタイガー戦車があるわけですが、当時の戦車開発の細かいことを探り出したらキリがないので、大雑把に「初期型」「後期型」とか呼んで現在の模型キットのタイトルのよりどころとしているのです。
タミヤが「極初期」としてリリースしたタイガー1型に合わせるとすれば、今回製作の100号車は、タミヤの「極初期」とほぼ同時期のもので「極初期」と呼べばいいようなもんなのですが、エアクリーナーとか装備品の付け方とかからして、同じ車両とするのはなぁ〜、なんか気持ち悪いような気がしてならない。
b0075321_14321867.jpg
製作の方は、定番のスミ入れ〜ウェザリングを終えた状態。
キットの箱やインストなどには「1942」と記してあり、タミヤの「極初期」車両が1942年チュニジアの501重戦車大隊に送られたのに対して、この100号車はレニングラードの502重戦車大隊に送られたものというのが判る。
だから「極初期型」と言えばいいんですけどね・・・。どうもこの100号車を含めた4両のレニングラード行きタイガーは、量産体勢になったものより以前のプロトタイプの最終型みたいなんです。デザインもまだ洗練されてないし。。。
で、ここでは「最初期型」と呼ぼうかなと。。
もっとも一番の理由はこのブログのカテゴリー欄の表記が整理しやすいからなんですけど(笑)
b0075321_14322311.jpg
b0075321_14322740.jpg
さあ、もちょっと汚して、久々にフィギュアを作ろう!
[PR]
by plamolog | 2010-09-15 15:02 | ◆タイガー1最初期型100号車 | Comments(2)
ファーストタイガー製作
もういいかげんタイガーはいいだろうってところですが、コイツは外せんですよ。
b0075321_17303743.jpg
ボックスアートはイマイチですが、タイガーファンなら3個は買っとかないと、っていう名キットです。
b0075321_17351651.jpg
ゲペックカステンの種類と取り付け位置などが選べますが、今回は砲塔の両サイドに設置する100号車仕様を選択。う〜ん象みたい。
ちなみに3in1の3種類の選択肢は、このゲペックカステンの種類とマフラー形状の違いのバリエーション。中でも100号車はタイガーらしからぬ不細工なちぐはぐ感が、試作車両の雰囲気を残していて惹かれるモノがあります。
キットは文句のつけどころなくて、そのままスパスパ組み立てればいいのですが、「吊るし」のままでは寂しいので、車台側面の装甲をちょっと荒らしてみます。
b0075321_17463181.jpg
球形ヤスリを付けたリューターでランダムな窪みや傷を彫っていきます。
b0075321_1755749.jpg
その後、クレオスの流し込みタイプの接着剤「Mr.セメントS」を塗り付けて堅い筆やワイヤーブラシで叩きます。「Mr.セメントS」はタミヤセメントに比べて乾燥が早く、スチロール樹脂への浸透が強いのでこういう作業には向いてる。
b0075321_20235350.jpg
紙ヤスリで表面をならして完了。
b0075321_20254986.jpg
サフ後シャドウ吹きして、ジャーマングレーに明暗をつけて基本塗装完了の図。
そういえば、最近カラーモジュレーションという塗装スタイルが話題ですが、これもしっかりそれを実践している例です。単色塗装では抜群に効果を発揮する方法です。ま、皆知らず知らずのうちにやってるんですけどね。
b0075321_2034103.jpg
足回りはロコ組みしたので余裕の汚し作業。こりゃあ楽でイイわ。
b0075321_20353353.jpg
履帯と転輪の汚し具合はこんな感じ。左右見比べながらできるのがイイ。
[PR]
by plamolog | 2010-09-13 18:00 | ◆タイガー1最初期型100号車 | Comments(4)