ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
最新のコメント
>Tabithaさん ..
by plamolog at 16:46
はじめまして。塗装・工作..
by Tabitha at 11:59
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 00:31
S04号 カメラマンやカ..
by waffe_pzkpfw at 21:02
> waffe_pzkp..
by plamolog at 10:39
右腕はスクラッチなんです..
by waffe_pzkpfw at 10:26
> waffe_pzkp..
by plamolog at 15:24
タイガーフィーバー絶好調..
by waffe_pzkpfw at 19:21
そうですよね〜フィギュア..
by plamolog at 10:02
フィギュア追加すると作品..
by waffe_pzkpfw at 20:54

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
ライフログ
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
大友メカ
パネルラインの入れ方でリアルさが決まる。実在しないもののリアルさとは何か?“それっぽい”とか”なんかありそう”とか「本物を作ればこうなるだろう」という絶妙な嘘にいかに真剣に取り組むかがオモシロイところである。
私見、大友克洋氏の表現する“嘘”は“本物”であると疑う余地がない。今回のモデリングの参考に「アキラ」をパラパラ捲っていたら、面白くて全巻読破してしまった。登場するメカの数々は物語をよりリアルにするための重要な役割を完璧に演じていて、描写に手抜きが無い。
よく見ると、他のSF映画なんかにパクられている疑いがあるものの多いこと!。この漫画かなり多くのアーティストに影響を与えてますな。凄い!。
大友先生、私もガッツリパクらせて(参考にさせて)いただきました!
b0075321_1893433.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-07-31 18:34 | ◆ザク・スクーター製作 | Comments(0)
塗りて〜!!
全体のディテールもほぼ仕上がってきたので、もうそろそろ塗りたい気持ちが高まってきて仕方ない。細かいところに気になるとこは山ほどあるけど、デザインももう一工夫っていう感じだけど....一度塗ってから修正したほうが良い結果になりそうだ。っていうかもう塗りたくて我慢できない!
b0075321_419477.jpg

ビネット台の作成を平行して進める。いつもながら木工作業には胸躍るものがある。子供の頃の将来の夢が「刑事」か「大工」だったからだ。「西部警察」の“大門軍団”入りを狙っていたが、本物の日本の警察はあんなにピストルをぶっ放さないことを知り、大工は何十年も厳しい修行をしなくてはならないことを知り、どちらの夢もあっさり諦めた。
という訳で、4面の板の角を45度に削ってピッタリ合わせるトラディショナルな工作には、かなり手間をかけるのだが、所詮は“台”なので、ほとんどそこに注目する人がいないのが残念である。プラモデル的に言うと、木工は「フルスクラッチ」なのでもっとリスペクトすべきではないか?と私は思う。
b0075321_4373164.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-07-30 04:52 | ◆ザク・スクーター製作 | Comments(0)
ディテール
ジャンクパーツや薄プラ板を適当にかつ、ある程度理屈を踏まえて貼ってゆく。バネルラインのスジ彫りをカリカリと入れていって、う〜んなんとなく面白くなってきたぞ。
b0075321_3283475.jpg

コクピットの中↑ なんとなく計器っぽく、でも設定的にはただの機械のモールドということで。
b0075321_331993.jpg

側面パネル↑ 昔のプロペラ戦闘機の雰囲気にしたい。
[PR]
by plamolog | 2006-07-28 03:33 | ◆ザク・スクーター製作 | Comments(0)
ディスプレイへの考察
前回と同じような写真だが、フロントまわりの後付けパーツの隙間をパテで埋めてエアインテークを追加した。間違い探しのよう。
さて、本題はディスプレイ台に乗せたビネット仕様のバランス・チェックだ。台の寸法出しと、ディスプレイ時に見えるところと見えないところのチェック。よく見えるところはしっかり作り込んで、見えにくいところは手を抜くために・・・。問題は、浮遊感というか飛行感というか、とにかく浮かせて飛んでいるように見せる方法。できるかぎり地面と“点”で接合するために2mm径の長いビスとナットでがっちり固定する。動きを出すために機体を傾けて固定するには、プラ棒や真鍮線ではやや不安が残るので、ビスが無難だろう。
さて、このビスを何とかして隠したい。撮影の時だけ下の写真のように“目隠し”する方法もあるが、できればどの角度から見ても自然に隠したい。草木を生やして覆ってしまうことも思案中だが、えてして陳腐になりがちなのが気になるところ。かといって支柱丸見えは趣味じゃない。あ〜早く決めなければ。そろそろ締め切りが気になってきた。
b0075321_2283623.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-07-25 22:57 | ◆ザク・スクーター製作 | Comments(0)
バランス修正
どうもバランスが悪いのが気になっていたので、ここにきてフロント部分にパーツを追加。シルエットが変わるほどの造形変更であるが、ど〜しても安定して浮きそうにない感じが気に入らなかった。メーカーが作った物を気に入らないというならまだしも、自分で作っておいて気に入らないというのは、やはり、思いつくままに切った貼ったをやっているからであろう。
b0075321_23565484.jpg

変更したからといって、重くなった感じはしても“浮く”感じはしない。まあ、浮くことに関してはジェットやエアー、はたまたミノフスキー何とかで強引に説明はつくのでイイとして、バランスに関してはどんなに科学技術が進歩しても絶対のものであるから妥協はできない。
[PR]
by plamolog | 2006-07-24 00:15 | ◆ザク・スクーター製作 | Comments(0)
エンジンノヨウナモノ
姿勢制御と加速補助用のエンジンと噴射ノズルを作る。作るといっても、ありもののパーツをくっつけただけ。本体と噴射ノズルは「MGリック・ドム」から、ノズルからパイプで繋がっているパーツは、タミヤの「1/24カストロール・セリカ」のデファレンシャル。他のキットのジャンクパーツを貼り付けて行くいくこの手法を「ミキシング・ビルド」というらしい。「寄せ集めで作る」というと安っぽいが「ミキシング・ビルド」とは、なんだか本格的なことやってるようでイカしてる。カタチ的にもなかなかグッと来る感じにできあがっているような気がしてきた。
b0075321_0531040.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-07-21 01:14 | ◆ザク・スクーター製作 | Comments(0)
怪我の功名
新しいリューターが到着した。「浦和工業 マイクログラインダー HD20」さっそく使ってみたが、ズバリ「宣伝に偽りなし」だ。宣伝通り抜群の軸精度!。歯科医が使うような物とは比べられないが、ホビー用のリューターを何台か使った経験からすると、HD20の軸はまったくブレないと言ってもいいほど。ブレが無いということの利点は低速回転使用時に顕著に現れるようで、今まで豪快にブレつつ回転するリューターを“荒削り用”と決めつけていたのに対し、低速でちょっとだけ面を均すような微妙な使い方ができるようになった。また、ピンバイス用の0.2mmという極細のドリル刃も折れることビビらずバシッと狙いを定めて使える。
こういう良い道具に出会うと思わず人に薦めたくなるなる。プラモ用としてはやや高価だが、価格分の値打ちは充分にある!これはズバリ買いです。
b0075321_23111425.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-07-19 23:13 | ◆道具・材料 | Comments(0)
戦車兵一名完成
同じ物の製作ばかりやっていると、なんかこう、高揚感みないなものが薄くなってくる。「オレってなんて上手いんだ」とか「良いセンスしてるぜ」みたいに自画自賛をしつつ、悦に入りながら製作を進めるている時間は、趣味としてのモノ作りに一番大切なコトだと思っている。これがないと単なる“作業”でしかなくなるのに、プラモデル作りに関しては往々にしてこの“作業”状態に陥ることが多いのも事実。だから僕は、見えない部分は作らないし、塗装の下地処理もほとんどしない。合わせ目消しやゲート処理も必要最小限しかしない。完成した作品がイカしていればそれでいいのだ。
というわけで、ザク作りにやや飽きてきたので、気分転換に、放置していた「戦車兵」の塗装を仕上げた。今回は顔以外は全部エナメルで塗った。今まではベースになる色はラッカーで塗ってハイライトとシャドー部をエナメルにして、重ね塗り時の滲みを防止しているつもりでいたが、オールエナメルでもこれといって問題はなかった。
そう、楽しければ技法にこだわることなく好きなようにやればイイのだ。意外にうまくいくみたいだ。
b0075321_1645258.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-07-19 16:39 | ◆タイガーと戦車兵 | Comments(0)
削る道具
昨夜、リューターがぶっ壊れた。連続操業の過酷な使用が原因か?。しかし規定の連続使用15分の範囲内でのことなので、ちょっと納得できないなぁ。保証期間をたった1ヶ月オーバーしてからの故障・・・。実はこのリューター、購入後一週間でモーターが焼き切れて即交換した経緯がある。またなんだかんだと文句をつけたら、きっと保証期間外でも交換してくれるとは思うけど、どうも軸ブレからくる精度の低さが気になっていたので、怒りの勢いで即違う機種を購入した。模型用としてはかなりの精度とのふれこみでレポートされていた物で、そいつのインプレッションはまた後日報告する。
b0075321_11494898.jpg

ところで、今回スクラッチにあたって大活躍なのが下の写真のヤスリ。
上は電動歯ブラシを改造した「スピンヤスリ」半回転と縦往復のアタッチメントも自作。特に縦往復の方は、細いヤスリ部分が約2mmのストロークで高速で往復するので、指の入らない複雑な窪みやくびれなどの逆エッジ部分の加工には絶大な効果をもたらす。今回のような小さな物の作成にはもってこいだ。電動歯ブラシの改造についてはココ→「スピンヤスリ決定版」を参照していただきたい。
もう一つはDP匠シリーズの単目ヤスリ。これはもうすでに説明不要でしょう。とにかく“切れる”ヤツである。
b0075321_12101038.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-07-18 12:10 | ◆道具・材料 | Comments(2)
小さい
前回のアドバイスに従い“のばしランナー”のリベットを貼ってみた。小さすぎて見えないぐらい。こういう物の接着には、流し込みタイプの接着剤が便利なのだが、あまり薄くスライスすると、それ自体が接着剤で解けてしまう。ならば瞬間接着剤かと思いきや、こいつは一発で位置決めしなくてはならず、ピンセットで挟むのすら難しい極小パーツの扱いは困難。骨が折れる作業である。こんなリベット作業を何百と繰り返す飛行機模型師の忍耐力に今更ながら驚愕する。アップ写真が多いので大きさが解りづらいようなので、あえて掌の上に乗せて撮影してみた↓
b0075321_4113661.jpg

こんなに小さいのだ!作業にルーペは必須である。
スクーターはバランスをとるために切断↓
b0075321_429127.jpg

約2センチ中抜きして再度接合。小回りが効きそうな雰囲気がでたか?
b0075321_4332153.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-07-18 04:34 | ◆ザク・スクーター製作 | Comments(3)