ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
最新のコメント
>T-KAWADAさん ..
by plamolog at 08:30
素晴らしい作品の数々、事..
by T-KAWADA at 16:49
こちらこそよろしくです。
by plamolog at 18:18
ツイッター始動 お待ちし..
by waffe_pzkpfw at 18:14
>hiranumaさん ..
by plamolog at 08:11
レポート再開歓迎!! ..
by hiranuma at 20:30
> waffe_pzkp..
by plamolog at 22:16
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 22:15
久しぶりの更新、拝見し安..
by waffe_pzkpfw at 22:03
ライカ1/35自作細かい..
by waffe_pzkpfw at 22:01

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



ライフログ
検索
以前の記事
2017年 11月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
Skypeボタン
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ラプター緊急製作
ハインリッヒのカタチがなんとなく気にくわず緊急に組んだラプター。う〜んベタやけど、やっぱりイカしてますね〜この便座スタイル。“吊るし”のまんまじゃナンなんで、数カ所定番的な加工で手を入れたので、ちょこっと紹介する。
b0075321_815413.jpg

↓脚のと腰の付け根を“がに股”仕様にするために2mm積層プラバンとイエザブ製「関節技」に変更。コストと作業量の割には効果が出なかったなぁ(笑)
b0075321_823812.jpg

↓肩のアーマーを可動式にするため針金を仕込む・・・が、そんなに動かない(笑)
b0075321_825872.jpg

↓肩部カメラを真鍮線と伸ばしランナー加工で「伸び」状態にする。これは敵を必死で探してる様を演出する記号なのだけれども、解りづらいなぁ〜。
b0075321_8321860.jpg

↓間接視認システムのレンズ部分に一工夫。5mmプラパイプに釣り用の「UVノットシーラー」を塗布。この「UVノットシーラー」は釣り糸の結び目のほつれ止め剤で、塗ってから紫外線を照射すると硬化するシロモノ。透明な水滴状に硬化するので、釣りでは“目立たない”けど模型的には“目立つ”アクセントとして使えるのだ。ただこのレンズ、設置場所がほどんど目立たない所なのでここでも効果は“?”なのであった(涙)
b0075321_8393833.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-09-28 08:54 | ◆Ma.k/SF/キャラもの製作 | Comments(0)
二人の関係
艶っぽいタイトルで怒濤のまとめ更新。仕事にポッカリ穴が空いたので(無理矢理空けた臭プンプン)集中して製作進行させている。それで今までバラバラに紹介していた偵察兵とハインリッヒのポジションをチェックした↓
b0075321_4111797.jpg
高さ76ミリの角材が手近にあったので、それに偵察兵をのせたらピッタリ視線が合った。これぐらの角度ならハッチ開けたラプターでもイケるかなぁ〜、と、まだラプターへの未練が消せない。ただ、ラプターのハッチは左側に開くので、この位置関係だとパイロットの顔が見えなくなる。また、左右を入れ替えると偵察兵が後ろ向きになる・・・・。演出優先でカッコ悪い主役を使うのも本末転倒な気もするし・・・。ここで世に出るような素質をお持ちのモデラーさんならば、ラプターもサクサクっと作ってテストしてみるんやろなぁ・・・。

・・・ん?書いてるうちにアイデアが湧いてきた!ラプターのハッチの開きを反対にすればイイのでは?。・・・おぉイケそうやん!只今午前4時25分、う〜んやってみるか!。
[PR]
by plamolog | 2006-09-26 04:28 | ◆Ma.k/SF/キャラもの製作 | Comments(0)
ハインリッヒにした
b0075321_12152612.jpgラプターにしようかと思っていた機体はハインリッヒで行く事にした。理由はパイロットがよく見える事と、上にいる兵士との会話が無理なく演出できる点。チョコチョコっと作ってみたけど、う〜ん正直この機体ブサイクである。後発のグスタフやコンラードなんかと比べるとかなりあっさりした味付けのデザイン。まぁ、そこがまたイイのよと言う人もいるんだろうなぁ。でもなんかいろいろとディテールを追加したくなるのは仕方ないところだろう。時間を気にしつつできるだけいじってみよう。まず手の甲の部分にパテを盛り付けて、手の大型化、これは余ったパテで発作的に施行。足首はイエローサブマリンの「間接技」というボールジョイントユニットでフル可動にした。
b0075321_12143118.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-09-25 22:02 | ◆Ma.k/SF/キャラもの製作 | Comments(0)
フィギュア加工
ギャグマンガの口をなんとか写実的に劇画風までにパテ整形してヘルメットも作成。身体部分はMa.kの1/20スケールと合うタミヤの「ピットクルーセット」を使用する。
b0075321_19381745.jpg
この「1/20ピットクルーセット」現在店頭でもなかなか見かけることがなくなってヤフオクでやっと入手したお宝。設定はF1のピットクルーになってる半袖半パンの元気いっぱいの古き良き時代のクルーたちだ。しかも半ズボンはかなりのピチピチ度、時代を感じさせるぞ。
b0075321_19432947.jpg

b0075321_207166.jpg
パイロットのヘッドの整形も完了。ちょっとヘルメットに色々付けすぎてターウォーズ風になってしまった。私見、マシーネンの場合あまりカッコ良いよりも、やや泥臭い古びた未来感のようなエッセンスが入るとグっとくるように思う。このパイロットを合わせる機体もかなり初期に開発された(とされている)ハインリッヒを予定しているので、ちょっと時期的には先進的すぎるかなぁ〜というのはあるけど、あまり人がやってないことをやろうということで、とりあえずイイでしょ。塗装で“古びた”感じにもっていけばイイ感じになるでしょ。
ところでこの肩のところにあるパッドみたなものは何なのか?未だに不明である。本来機体の方のパーツなのか、パイロットの服の一部なのか?。金属なのかゴムか布なのか?。ハコ絵等の作例では金属的な解釈がなされているみたいだけど、ココが金属で機体に固定された物だとすると、どう考えても乗り込めないハズ。自分的には多分パイロットが乗り込む前に装着するウレタン製のパッドと解釈してるのだがどうだろう?
このあたりの好き勝手な解釈もマシーネンの楽しみの一つであるハズ。なんでもイイですよね?
[PR]
by plamolog | 2006-09-25 20:18 | ◆Ma.k/SF/キャラもの製作 | Comments(0)
パワードスーツを何作るかはさておき、とりあえず登場人物の表情を作る。作品の仕上がりは「ジオラマとしては小さいけど、ビネットというには情報量が多いよな。」となるような物が目標。そこでちょっとした場面設定するにあたり、二人の表情に関係を持たせたい。木の上か瓦礫の山の上にいる偵察兵が、下にいるパワードスーツのパイロットに指示をだしているシーンを作る事にする。左側、指示を聞くパイロットは上を見上げて、右の偵察兵は大きな口を開けて怒鳴っているようにしたい。が・・・パイロットはヘルメット被ったままイッちゃってるし、偵察兵は赤塚不二夫のマンガみたいな口になってるしで、前途多難は容易に想像できる。さあ、ちゃんと口の加工をしなくてはいけない。エポパテで頬を埋めて口内には舌と歯を作る。やった事無いので出来るかどうか。とにかくチャレンジしてみよう。
b0075321_1354267.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-09-23 14:02 | ◆Ma.k/SF/キャラもの製作 | Comments(0)
カップヌードルのおまけ
b0075321_19292587.jpgカップヌードルのおまけにフィギュアがついていた。食玩にはそれほど興味を示さない僕だが、このおまけにはグッときた。カップヌードルが強力なバックアップをかけている「FREEDOM」のキャラクターの人形なんだが、これがただのフィギュアじゃなくて「根付」風の“汚し塗装”が施してある。「根付」の詳しいことはウィキペディアを読むか検索してもらうとして、僕はこの「根付」が最近ミョーに気になっていたのだ。小さい食玩がちょっとしたブームになってTV等でも「食玩マニア」なる人にインタビューしたりして「このリアルさがたまらない」なんて言ってたけど、このリアル小物は、なにも平成の今に始まった事じゃあなくて、今から300年〜400年ぐらい前にこの「根付」というカタチで作られていたんだそうな。この「根付」の世界はもの凄く奥が深くて、これ専門のコレクターやら店もあるみたいで、何千万もする値段で取引されてるモノもあるそうだ。このおまけは「食玩は現代の“根付”じゃん」と言わんばかりに、そのまま「根付」風に作ってしまう洒落が利いている。また根付マニアが好む“なれ”といわれる古びた感じを表現しているのもそつがない。う〜んなかなかイカしてるなぁ。
ところで、このおまけは、お湯を注いだカップヌードルができるまでのフタをとめるカップクリップなんだけど、「普通サイズ専用」となっているにもかかわらず、ビッグサイズのおまけとしてついているのだ。「普通サイズ専用」なら普通サイズのカップヌードルにつけりゃあいいのになぁ。僕が買った店だけがビッグサイズだけに付けてたのか?。まぁ、くだらんことですが・・・。
↑写真のようにフタの紙部分にグサッと刺すように留める。あれ?ビッグサイズでも使えるぞ?
しかもこのフィギュア、ほぼ1/35サイズなんですねぇ〜。MMのジオラマに使えるかも?。
[PR]
by plamolog | 2006-09-20 07:49 | ◆雑感 | Comments(0)
ラプターにする?
b0075321_19331067.jpg徹夜で仕事を一つ片付けた!。通常一週間はかかる仕事を三日でやってのけたのである。我ながらやるもんである。ま、「やるもんである」と言っても今日中に発送しないと納期に間に合わないのので、やらざるをえなかったのが本当のトコロなんだけど。無事ヤマト便に載せたのが午前10時頃、ここで眠ってしまうと昼夜逆転生活がスタートしてしまうので、無理矢理起きておく事にした。締め切りの日はいつもこんな感じで、この生活を大学生の頃から続けているので徹夜仕事は得意技の一つになってしまった。夜の7時に原稿を貰って「明日の朝イチ納めで!」っていうようなこと平気で言うのがこの業界の常なので、ま、仕方ないことなんだけど。
眠らない対策で「大阪 Ma.K.モケイテンジカイ」の案を練ることにした。
初めてのモケイテンジカイ何をどうして良いのやら手探り状態であるが、このワクワクドキドキ感はたまらん快感でもある。過去の出品作品がネットで見れるので対策も立てやすい・・・・って言っても、どれもこれも皆さんメチャクチャ凄くて、上手いとか奇麗とかそんな表現が陳腐な程なんと言うか・・・こう・・・とにかく「凄い」くて「カッコイイ」「すごカッコイイ」のだ。はっきり言ってこれは勝負になりそうにも無い。
というわけで、とにかく今回はジャマイカのボブスレー・チームのクールランニング精神で参加しよう。「参加することに意義がある」というヤツ。でも密かに“狙って”はいこうと・・・スキあらば足技で「効果」を狙おう、もしかすると偶然に「一本」とれるかも、でも基本は防戦で・・・。色々考えています(笑)。
さて、何を作るか?
持ち駒は「Raptor」「A.F.S」「Fireball」「Fireball SG.」「HEINRICH」「JERRY」。やっぱり3月から作りたかったラプターかな〜。コイツに追加装甲をボルト留めして草でカモフラージュ、そんな線でいこうかな。とにかく手を動かさなくてはならんけど、本業の方の次の仕事の締め切りが迫ってるんですね〜。しかもコンテストの方の締め切りは9月30日(!)。さぁ〜今回は出来るんでしょうか?
なんか仕事でもプラモでも同じような事してるな〜オレ。
[PR]
by plamolog | 2006-09-18 14:40 | ◆Ma.k/SF/キャラもの製作 | Comments(0)
ウィンザー&ニュートン
プラモデル作りばっかりやってたから、仕事が猛烈に忙しくなって書く事が無いので道具の紹介でも・・・。
ミリタリー・フィギュアをやる人にはもう定番となっている感のある筆、「ウィンザー&ニュートンのシリーズ7」だ。ちょっと前の「アーマーモデリング」誌で紹介され、付録のDVDでパット・スタンセルというおっさんがこの筆と油絵の具を使って兵隊フィギュアの顔を塗っていた。まるで魔法のように見る見るリアルになってゆくフィギュアを見て、ぶっ飛んだ。このDVDで解説されていたブレンディング法といわれるその技法は、ず〜っと昔にシェパード・ペインというビルダーが著書の中で紹介していたもの(らしい)で目新しいものではないのだが、僕の中ではそれはもう革命に近い衝撃だった。「そんな事も知らんかったのか?」と言われそうだが、知らんかった、ぜ〜んぜん知らんかった。エナメルでベタベタ塗って「なんだかなぁ〜」って思ってた。
速攻でウィンザー&ニュートンの筆と絵の具を入手してシェパードおやじのやり方真似たら・・・なりました、僕も魔法使いに(笑)。ちょっと時間は掛かるけど、意外に簡単にリアルに描けることに改めて驚き、ウィンザー&ニュートンの筆の性能の高さにまたまた驚いた。
使いだしてしばらく経った今は感動もだいぶ薄れて、この筆でないとダメということも無くなってるけど、ここ一番の時にはやっぱりコイツを探してる。“弘法筆を選ばず”と言うけれど、僕は弘法大師でもなければ空海でもないので、大いに筆を選びます。
b0075321_6345524.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-09-18 06:37 | ◆道具・材料 | Comments(0)
完成!
なんとか完成までこぎつけファイナルラップさんの夏コンに出品できました!。締め切りにはちょこっと遅れたけど、寛大な店長さまのご配慮により暖かく受付してくれました(感謝!)。
さてさて今回は入賞できるのか?前回のキャラクター部門金賞はビギナーズラックということで、今回のスケール部門出品で真価が問われるところ。がんばって作ったつもりが、写真に撮って見るとなんだか平凡な作品にまとまってしまったなぁ〜というのが率直な感想だ。しかも地面はひび割れするし塗り忘れあるしで、まだまだ修行が足りんことを実感した。そんな拙作ですがお近くの方はツッコミどころ満載の実物を冷やかしに行ってください。
b0075321_1275154.jpg

タイガーはこの後ろ姿にグっとくるものがある。もう少しこのマフラー辺りの汚しを激しくすれば良かった・・・。
b0075321_1303993.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-09-15 01:33 | ◆タイガーと戦車兵 | Comments(2)
兵隊たち
ジオラマに登場する兵隊たちは4名。本当はこの倍は登場させたかったけど、思いのほか時間がなくて、この人数になってしまった。ジオラマの中では各人の目線を合わせなくてはならず、顔の向きや身体の振りをいろいろと弄らなくちゃならないので、とにかく加工に時間がかかる。キットの素組みのままで使えたのは一つもなかった。大の面倒くさがりの私でもさすがにココは避けて通れなかった。というものの改修箇所は“判る人には判る”程度の結果しか出なかったのが悔しい。

↓戦車兵その1。この笑顔がイカしていて、実は以前作ったウィリス・ジープのアメリカ兵と同じホーネットのヘッドを使用。
b0075321_803590.jpg

↓戦車長。グレーの手袋がポイントです。引きつった笑いがオモシロイ。
b0075321_804871.jpg

↓熱弁する野戦指揮官。塗るのがもの凄く面倒くさいオークリーフパターンの秋季迷彩を施しております。
b0075321_81042.jpg

↓かなり前に完成していた戦車兵その2。
b0075321_811213.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-09-14 08:25 | ◆タイガーと戦車兵 | Comments(0)