ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by plamolog at 12:10
初めまして、第2回アーマ..
by ユタ・ビーチ at 10:21
>ブルーベルさん どう..
by plamolog at 14:35
ご無沙汰しております。 ..
by ブルーベル at 16:30
>Tabithaさん ..
by plamolog at 16:46
はじめまして。塗装・工作..
by Tabitha at 11:59
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 00:31
S04号 カメラマンやカ..
by waffe_pzkpfw at 21:02
> waffe_pzkp..
by plamolog at 10:39
右腕はスクラッチなんです..
by waffe_pzkpfw at 10:26

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
ライフログ
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧
受賞してたのかっ!?
マシーネンのモケイテンジカイ熱も冷めない興奮状態のところに受賞を逃してすっかり冷めていたはずの模型店ファイナルラップさん主催「夏コンテスト」に入賞しているとの知らせが飛び込んできた。 “タレこみ”によると、どうやら僕の作品は「銅賞」を受賞したらしい。

金と銀を逃したのを知って「まぁ、そんなに甘いもんじゃないよな・・・」と落胆というよりも清々しい敗北を噛み締めていて、あそこがダメだった、ここが無理だった、と、自分の作品の“ダメ要素”を自己分析していて、「銅賞」があるのをすっかり忘れていた。というのも作品を出品して以来お店には行っておらず、コンテストの結果もネット上で受賞者ご本人のブログや噂でしか知らなかったので自分の作品が受賞してることもネットを通じて初めて知ったのだ。

なんだ「銅」かよ!3位じゃん!と思われたそこのアナタっ!
はっきり言いますよ・・・・

・・・・めっさ嬉しいです!!!!!

そりゃ「金」や「銀」のほうがイイに決まってるけど、オリンピックに例えるなら、僕は柔道や水泳じゃないんです、サッカーかバスケットボールの日本代表みたいなもんで、何色でもメダル獲ったということでもう大騒ぎですよ大騒ぎ。
いや〜嬉しい。落ちたと思って勘違いしてたから余計に嬉しい。

と、言う事で写真↓は出品していた作品のメイキング画像です。
はっきり言って何のメッセージもストーリーもありません。戦車と兵士と車があって何か話してる・・・それだけ。多分3位になったのはこの辺りの“薄さ”が原因ではないかと自己分析しております。
b0075321_1373869.jpg

その薄っぺらな製作記事はコチラでご覧になれます。
薄いですよ〜、軽薄ですよ〜、模型製作をナメている典型的な例としてお読みください。
[PR]
by plamolog | 2006-10-31 12:57 | ◆タイガーと戦車兵 | Comments(3)
大阪にて
実家に帰省するのに絡めて自分も出品している「OSAKAモケイテンジカイ」を見物に行ってきた。
大阪ミナミの北堀江、オシャレなギャラリーに展示されたMa.k.作品たちにテンション上がりまくり!
実はワタクシ、他人のマシーネン作品の実物を本格的に見るの初めてなんです。しかもネットや模型誌で活躍されてる有名なモデラーの作品も多く出品されていて、それを目の当りにした僕は、初めて外国旅行に行ったとき以来の舞い上がりぶり。もう興奮しっぱなしで気がつくと汗だくになって勃起寸前(笑)。いや〜模型ごときにあれだけ興奮させられるとは・・マシーネン恐るべし。モケイテンジカイ恐るべし。
良いもの見させていただきました。運営された皆様には本当に感謝です。

写真↓ゲイトリバーさんのフルスクラッチ作品「F-BOOT」を盗もうとするオレ。
b0075321_12485612.jpg


写真↓テンジカイスタッフの方にラスト一個を確保してもらった「のりだしさま」。
現物を見るまで知らなかったけど、この顔って横山センセの顔なんですね〜。う〜んエスプリ利いているなぁ。
b0075321_12501287.jpg


写真↓テンジカイの帰りに寄った江坂の模型屋で入手した「Osker」とタミヤ1/35の「動物セット」、しかも「Osker」は3割引の6,650円!
ほとんどのMa.k.キットはネット通販で送料かけて購入するか、オークションで割高モノを掴まされる僕にとって割引で安く手に入れたMa.k.キットなんてそれだけで「お宝」だ。
b0075321_1251290.jpg


しかしなんですね〜、あれだけテンジカイが熱く盛り上がってるのに、キットがこれだけ品薄なのはなんとか何とかならないもんですかね〜。需要と供給のバランス崩れまくりのような気がしてならん。それとも自分が盛り上がってるだけで絶対的な需要は少ないのかな〜?

ま、とにかく、体験からモノまで多くの戦利品を稼いだ大阪でした。
[PR]
by plamolog | 2006-10-31 12:51 | ◆雑感 | Comments(0)
ダブリ買い
昔から同じ物をダブって買ってしまう失敗がよくある。
写真↓は自分のなかでかなり盛りあがってるマシーネンものとミリタリーもののダブリ買いの例。
さらに酷いのは、ラプターに関してネット通販であと2個購入していたのをすっかり忘れていた事。店から在庫切れで暫く待ってほしい旨のメールをもらっていて「入荷したので発送しました」というメールで思い出した。だからこの写真のラプター2個に追加して合計4個の在庫になってしまう。
b0075321_749564.jpg

ダブリ買いの惨事は、たいがい趣味やコレクション熱にのぼせている時に発生する。「とりあえず買っとこ」とか「いま手に入れとかないと無くなっちゃう」とか軽い焦りにも似た勢いで買い物をしてるとダブリ買いの事態に陥る。
プラモデルは作って別の色で塗りゃあ、まあ、バージョン違いをコレクションしてるみたいでなんとか納得できるけど、以前ハマってたバイクいじりの道具のスパナなんかは、同じサイズを何個もダブらして悲しい思いをした。スパナは別バージョン関係ないからね。眺めていてもそんなに楽しくないし。道具を見直してみたら、スパナをはじめプライヤー、ドライバー、レンチのソケット、ハンマー他もろもろ、それぞれ同じ物が2個以上あった。我ながら悲しすぎる忘れっぽさだ・・・。

「ダブリ買い」に似た事態で「ダブリ借り」というのもある。
ダブリ借りの王道はアダルトビデオだ。最近はあまり借りなくなってしまったけど、独身時代はそれはもう燃えていた(笑)。もう沢山見すぎていて既に見た物かどうか解らなくなってくる。見てない物を狙って借りてるつもりなのだが、同じようなジャケットばっかりで殆ど識別不能、なおかつ自分のソレ方面の趣向というのは驚くほど正確に、同じ女優同じジャンルにヒットしてしまう。家に帰って再生したときの怒りと情けなさは、プラモデルのダブリ買いの比ではない。決して好きで何度も借りてるわけでもないのにビデオ屋の店員に「この人このビデオ好きやなぁ」と思われてるかもしれないのは最高に恥ずかしい。

どうでもよすぎる話だ。

下の写真↓も買い間違い。米軍のウィリス・ジープに牽引するワゴンとばっかり思って何も確かめずに買ったら、ドイツ軍のワゴンでした。いらん買い物した。しかも箱を開けてみたら2個セット!。ダブリ買いではないものの、それ同等の悲しさである。
b0075321_7511896.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-10-25 07:51 | ◆雑感 | Comments(0)
空挺つながり
米兵のリラックスポーズのキットが少ないとぼやいていたが、無い物ねだりの恨み節を書き連ねても突然現れる訳も無く、製品価格と同じぐらいの送料払って通販するのも馬鹿らしい。というわけで、米兵キット探しは諦めて自分で作る方向で視点を変えてみることに。

市場にあふれる独兵キット目を向けると「あ、コレ使えそう」「あ、コレも」「コレも」とイカすポーズのフィギュアがあるじゃあないですか。手始めにドラゴンのNo.6113ドイツ降下猟兵「くつろぎの4人組」を購入。税込み672円、安い!。

b0075321_72519.jpg

↑さっそく1体仮組みしてみると、う〜んなんだかイイねぇ。大昔のタミヤのフィギュアと格闘してたせいもあるけど、妙にシャープな印象。
ところでなぜ降下猟兵を選んだかというと、彼らが履いてるブーツが欲しかったから。米空挺兵の履いていた革製の編み上げ式ジャンプブーツが、独降下猟兵のブーツとそっくりなのだ。独軍といえば紐無しで乗馬する人が履いてるようなブーツのイメージが強くて、勝手に「靴が違うもんなぁ」と思いこんで僕の中で勝手に盲点になっていた。
b0075321_741452.jpg

しかもズボンのダブっと感も米空挺兵のジャンプパンツのそれに通ずるものがある。イイよ〜よしよし。
太腿部分にはカーゴポケットをパテで追加しなくてはダメだな。上着は・・・ポケット作り直し、袖はう〜ん微妙、襟はピチっとしすぎ・・・。ん〜?よく見ると、使えるのは膝くらいまでじゃあね〜か!。米空挺兵が着てたM42ジャンプジャケットとパンツはほぼ全面的にパテで作らなにゃならん。面倒くさ〜。結局ブーツと身体の“芯”だけしか使えんという見通し。長い旅が始まりそうな秋の夕暮れなのでありました。

b0075321_75473.jpg

↑これは前回のコンバットクルーセット座りポーズのもう一人「ヘルメットを脱ぐ兵」です。苦みばしったしかめっ面の顔は、ホーネットHH14驚き怒りの表情セットより。顔のシワがたまらん!。
[PR]
by plamolog | 2006-10-18 07:06 | ◆U.S.空挺兵 | Comments(0)
米兵座りポーズ
今は、腹這いになったり前傾で走ってたりする緊張感あふれる兵隊フィギュアには興味が無い。欲しいのは普通に立ったり座ってるリラックスポーズ。
探してみるとマスプロ物にはそんなキットが意外に少ない。しかも「米兵」となると極端に少なくなる。販売されている戦車や車両の種類に対しての比率から考えると、米兵キットの少なさには納得せざるを得ないけど・・・。タミヤがだめならドラゴンだ、と店を渡り歩くが、置いているのはドイツ、ジャーマン、ジャーマニー・・・・。う〜ん、人気あるんだなぁ独軍。
b0075321_22431359.jpg

↑写真はその貴重な米兵たち。以前の記事でも登場した、タミヤの絶版(たぶん)モノの「コンバットクルーセット」の座りポーズ4体。このキットは箱入り当時の物ではなく、袋売りされていた再販モノ。インストもなんにも付いてないからネットで箱絵画像(右写真)を探して組み立てたけど「え〜、ほんまにこの胴体とこの腕かぁ?」っていうぐら合わさりが悪い!右から2番目の肘を太腿につける“ほおづえ”ポーズなど、素組みでピタっと合わせるのは至難の技だ。パテ無しでこの組み付けが出来る人がいたら申し出てほしい(笑)。まあ、どっちみち素組みのまま使わないからイイんだけど。

夜な夜なええオッサンが人形いじりながら(キモッ!)「タミヤにもこんな時代があったんだなぁ」と感慨にひたる訳です。
[PR]
by plamolog | 2006-10-16 22:48 | ◆U.S.コンバットクルー | Comments(0)
ミクシィ完了
友人のトヲルくんに誘われて昨夜ミクシィに登録してみた。ブログとどう違うのかがイマイチ解ったような解らんような・・・。ただ、マシーネンやってる人があんなに集まってるとはびっくり!だだっ広いネット全体を検索で探し歩くことを思えば、もの凄い効率だ。なんだかシアワセな場所であることは少し理解できたみたい。。
[PR]
by plamolog | 2006-10-09 06:41 | ◆雑感 | Comments(0)
折れた!!
密度を上げる為になんだかんだといじっていたらハッチを支えるヒンジが折れた。この部分は強度的には無理あるよなぁ。ということで真鍮線への交換作業。鈴鹿のF1GPをTVで観ながら、ピット作業さながらの工作でございます。

↓ボロボロと砕けるように折れた。この弱さではどっちみち運搬中に折れてたな。
b0075321_1722068.jpg

↓まず破損パーツを切り取って、基部をリューターで均す。ピンバイスで穴をあけて真鍮線の受けとする。
b0075321_17221492.jpg

↓1mmの真鍮線とプラ棒「丸」と「角」でそれっぽくディテール作成。
b0075321_17222430.jpg

↓瞬間接着剤で元に位置に接着して完成。乾燥まで放置です。
b0075321_17223522.jpg

密度アップ作業は、あんまり触っているとまた壊れるので、もうこのぐらいにしとこかな。そろそろ飽きてきました・・・。
[PR]
by plamolog | 2006-10-08 17:38 | ◆Ma.k/SF/キャラもの製作 | Comments(0)
まだまだ小物
溜まりにたまった仕事をしつつ合間にヴィネットの密度を上げてゆく。壁面裏の大きなスペースの間を埋めるために、いかにもありそうなビラを貼る。ビジュアルはまたまたネットから拝借。アメリカの古い看板で実際にあるものらしい。
b0075321_19294891.jpg

↓スペースの制約で横方向には広げられないが、上方向にはいくらでも伸ばせるので、看板を追加。実在する北米ニューメキシコ州の釣り宿の看板を、かたちも素材感も立体縮小コピーした。戦渦に巻き込まれながらも800年後も残っていたという設定(無理ある?)。800年後の劣化状態は想像もつかず、意外にキレイな状態。2800年あたりも営業していた・・・ということで。
b0075321_1930487.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-10-07 19:54 | ◆Ma.k/SF/キャラもの製作 | Comments(0)
ちまちまと小物
情景の完成度の高さは“残り時間”に正比例することを実感する。塗装、特に汚し塗装に関しては、時間をかけてやればやるほど良い結果になるとは限らないけど、情景に関しては、眺めて〜閃いて〜作って〜配する、この作業に時間をかけれれば舞台上の密度は濃くなるもの。

↓プラ棒と板オモリで作った空き缶。西暦2882年になってもコカ・コーラは健在。コカ・コーラの世界制覇の為、アメリカが仕掛ける世界の戦場のお供にバンバン製品を軍に供給していたというハナシを聞いた事があり、僕の中ではコカ・コーラは戦場の記号。戦争のあるところにコーラありです。
b0075321_169315.jpg

↓前回紹介した地図。折り目を意識して木工ボンドで接着。ちなみに地図の場所はアメリカのボストン周辺、ヤフーUSAからダウンロードした。
b0075321_1682026.jpg

↓パンツァーファウスト。バンダイ1/144ドム・トローペンHGから流用。ややオーバースケールぎみか?
b0075321_1683440.jpg

↓鳥。タミヤ.戦車兵小休止セットから流用。1/35ではカラスだが1/20ではムクドリといったところか。「あ、こんなところに鳥がいる〜」という食いつきをイヤラシく狙う(笑)
b0075321_168451.jpg

[PR]
by plamolog | 2006-10-05 16:14 | ◆Ma.k/SF/キャラもの製作 | Comments(0)
大詰め
ラプターのビネット大詰め作業。瓦礫を積んで雑草を植える。瓦礫は5〜10mm厚に作った石膏を木槌で割ってアクリル絵具で着色したものをマットメディウムで地面に接着した。案の定あらかじめ撒いていた地面のスタティックグラスは瓦礫で隠れてしまったので、さらに周りにグラスを追加して、ドライフラワーを数本植える。
b0075321_23102272.jpg

↓銅線でコンクリート壁の鉄筋部分を作成。この辺りの考証は一切していないので実物はどうなっているかは不明。なんだかソレっぽい感じがでれば良しとする。
ラプターの機体はエナメルのブラック+ガンメタル+フラットレッドでさらに「グリス汚れ」をひつこく入れる。機体表面は艶ありクリアーを吹いた後にごく少量の艶消しクリアーを吹いて半艶で仕上げた。膝から下は地面に使用したのと同じパステルで薄らと汚す。
兵士の足元にはインクジェットプリンターで出力した地図を配す。見上げるパイロットの視線の先に何処かを指差しながら怒鳴る兵士、その足元に地図を広げる事で、なんとなくシーンが説明できかな?と。
b0075321_23103719.jpg

さて、もう一つ二つ要素を入れたい。空き缶を転がすとか動物を登場させるとか・・・なんか生活臭のあるものを追加したい。まだ時間があるのでじっくり作り込もう。
[PR]
by plamolog | 2006-10-03 23:50 | ◆Ma.k/SF/キャラもの製作 | Comments(0)