ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
最新のコメント
>Tabithaさん ..
by plamolog at 16:46
はじめまして。塗装・工作..
by Tabitha at 11:59
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 00:31
S04号 カメラマンやカ..
by waffe_pzkpfw at 21:02
> waffe_pzkp..
by plamolog at 10:39
右腕はスクラッチなんです..
by waffe_pzkpfw at 10:26
> waffe_pzkp..
by plamolog at 15:24
タイガーフィーバー絶好調..
by waffe_pzkpfw at 19:21
そうですよね〜フィギュア..
by plamolog at 10:02
フィギュア追加すると作品..
by waffe_pzkpfw at 20:54

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
ライフログ
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
アクリルではいかんのか?
ウォッシングやスミ入れの際に、溶剤で薄めたエナメル塗料を使うが、あまり多く塗り付けるとプラ素材を割ってしまう危険がある。こんな事はちょっと本気で模型作っている人なら常識なのだが、この「あまり多く塗り付けると」というのが曖昧で、プラ側に小さなキズでもあったら少量でも割れる時は割れるのである。
「油彩用のペトロールはプラを侵さない」という情報を小耳にはさんで、今までエナメル溶剤で薄めていたものを、油彩用のペトロールで溶い使っていた。それはそれで調子はよかったのだ、が、が、が、コスモ・ゼロを本腰入れて汚してたら「・・・・割れてんじゃん」しかもキャノピーの透明パーツ。これは亀裂箇所をパテで修理する事も出来ず、何年かぶりにパーツ請求するハメになってしまった。透明パーツじゃなかったら自作でもしてやるところを、こればっかりは何ともならん。

とりあえずコスモ・ゼロ製作は一時休戦して、ウォッシング&スミ入れ用の塗料について考える事にした。
いくらペトロールを薄め液にしても、少量とはいえ塗料はエナメルであって、そいつが悪さをしていると決めつけ、完全エナメルレス液を作成した。
b0075321_039446.jpg
と、大げさに言ってみたが、作ったのはただの激薄アクリル液。ペトロールと油絵具というのも考えたが、乾燥にやたら時間がかかるので、アクリルに落ちついた。
っていうか、なんでスミ入れ&ウォシングに割れの恐怖にさらされながらエナメルを使うのだろう? 昔から常識のように模型屋のオヤジも入門書も教えてくれたが、異口同音に「割れには注意してね」と付け加えられた。でもね〜注意しても割れるの!。しかも、スミ入れっちゅうたらかなり後半の行程で、あと何手かで完成っちゅうところなのだよ。そこでの割れは痛い、本当に痛い。
たぶん昔はアクリル塗料が無かったのか、あってもプラモデル製作には使われていなかったのか、そんな理由でラッカーを溶かさないエナメルが選ばれたのだろう。それを今までず〜と「スミ入れはエナメルである!」と盲信していたのだ。きっとそうだ。
アクリルはラッカーもエナメルも侵さないしプラも割らない。スミ入れ&ウォッシングにはアクリルしかないじゃないか!と大きな声で叫び、ここに「スミ入れ&ウォッシング、アクリル主義」を宣言いたします。

大げさに宣言してしまったが、いや、それほどプラの割れにはむかついているのだ。
でも、しばらく使ってみて「やっぱりエナメル宣言」してしまうかも。その辺りはご容赦いただきたい。
[PR]
by plamolog | 2007-02-28 01:04 | ◆コスモ・ゼロ 製作 | Comments(0)
完成間近
パネルラインのスミ入れとブラシが完了。
スミ入れ用の「汚れエナメル色」は黒とレッドブラウンと少量のジャ−マングレーをペトロールで薄めて作り置きしてあるのだが、残りが少なくなっているのに、瓶の底に溜まっていた塗料をしっかり撹拌してしまったのが災いして、パネルラインに沿って吹いた色がくどくなってしまった。しかし、面倒臭いからぜ〜んぜんやり直すつもりは無いのでこのまま進めよう。スペースシャトルも宇宙から帰還した機体の写真を見ると激烈に汚いし、ヤマトのカタパルトにくくり付けられているコイツもこれぐらいにはなるだろう、という設定にしておこう。
b0075321_392613.jpg
しかしやっぱり飛行機模型って気が抜けない。戦車の塗装と比べると、緊張を強いる場面が多すぎる。でも少しハマッた感がする。
いま、猛烈に「ソードフィッシュMK.II」という複葉機が気になって仕方ない。未来のSFメカから古くさい複葉機・・・この製作の流れイイかも。
この気持ち・・・たぶん買っちゃうなソードフィッシュ。
[PR]
by plamolog | 2007-02-26 03:20 | ◆コスモ・ゼロ 製作 | Comments(0)
コレはいいぞ
コスモゼロのバーニア部分の「焼け」表現にタミヤウェザリングマスターを使ってみた。発売からだいぶ経っているので「いまさら・・」感は否めないが、これは便利!。
b0075321_1330437.jpg

今までこういう「○○セット」なる類いのモノは素人や子供が買って喜ぶものだと、見て見ぬフリを決め込んでいた。
「電動ドライバー・ソケットレンチ50点セット5980円」とか、「高倍率顕微鏡つき観察セット3980円」とか、な〜にも持ってない素人がいきなり数だけはプロ並の機材を揃えられるというヤツ。「これがあれば何でもできそう」という期待感とは逆に、実際にはそんなに全部使わないし、全部使いこなす程のエキスパートになる頃には「本物」が欲しくなる(というか必要になる)のが世間の常というものだ。かく言う私もさまざまな「○○セット」を購入してはちょこっと弄って更に「本物」を購入するといった「二重買い」のあやまちを幾度となく繰り返したくちで、ある日「逆に損じゃん」ということに気付いた。
ということでこの「タミヤウェザリングマスター」も発売された時には「チッ、そんなもんオイルパステル擦ったらいいんだよ」とか「楽な方に走るんじゃね〜よブラシ吹けブラシを!」とかカッコつけてたけど、発売から暫く経って他のみんなが静かになりだした今、コソ〜っと使ってみたら、コレはイイ!便利で楽チン!じゃんじゃん使おう!と180度方針転換。

う〜ん意外に「○○セット」もいいかもな〜。

写真は、シルバーメタルの缶スプレーを吹いてエナメルのスミ入れ後、乾燥したところにタミヤウェザリングマスター・Dセットを使用。先端部に「赤焼け」中間を「青焼け」基部は「青焼け」「赤焼け」「オイル」を順に重ねて擦り付け、最後に全体を半艶のクリアーでコートした。
湿気(油気?)による微妙な艶があるので、泥汚れとかオイル汚れには向いているかも知れないが、砂漠モノの砂埃汚れには「粉パステル」とか「溶きパステル」に分がある感じ。
[PR]
by plamolog | 2007-02-25 13:30 | ◆道具・材料 | Comments(0)
意外に面倒臭い
ノスタルジーだけで製作に突入したコスモ・ゼロ。昔のアニメのヒーローメカは存在感を持たすためにやたらにカラフルで、これがくせ者だ。なんだか勝手に自分の中では「飛行機は戦車よりキレイ」という決めつけがあって、戦車やマシーネンなら筆塗りで塗り分けちゃうところを飛行機ではマスキングで奇麗に塗ろうとしてしまう。パッと見た目たいした塗り分けではないが、意外に苦労した。
b0075321_345070.jpg
は〜、なんだかモチベーションが落ちてきたなぁ。戦車作りたい・・・。やっぱり僕はキレイに作るのが苦手なんだなぁと実感する毎日である。
[PR]
by plamolog | 2007-02-24 03:47 | ◆コスモ・ゼロ 製作 | Comments(0)
「コスモ・ゼロ」製作開始
バンダイから出た1/350宇宙戦艦ヤマトのキットに強烈に惹かれつつ、5万円近い驚愕の価格に完全に腰が引けてしまい、ヤマト繋がりで2,980円の「コスモ・ゼロ」で我慢した。
このあたりは、本当はタイガー戦車のキットが欲しいのに小遣いが足りなくてII号戦車で我慢した少年時代からなんら進歩していない。進歩したと言えば貴重な小遣いをはたいて買ったキットを爆竹爆破しなくなった事ぐらいか。
b0075321_16145883.jpg

さて、コスモ・ゼロ。箱を開けてまず呟いてしまった一言は「高っ!」安売りで2980円になってたけれど定価は3670円(!)。うっそ〜ん、A4サイズぐらいの大きなランナー2枚でこの値段は高いなぁ。それこそタイガー戦車が買える値段だぞコレ。権利関係の事情をまったく無視した独断の僕的希望小売価格は定価1350円で安売り価格で980円といったところでしょう。まあ、ヤマト関連のプラモなんて僕らオヤジしか買わんだろうし3000円ぐらいでも買ってしまうのだが、う〜ん高いよなぁ。
b0075321_16344580.jpg

さっそく組んでみた。慎重に慎重に作ってもサフ吹き完了まで二日かかりません(笑)
しかし塗装直前までの組み立てが楽なのは非常にイイ。僕は作りながら機体の構造などに感心して楽しむタイプではなく、とにもかくにも色を塗らせろ!汚しをさせろ!タイプなので、パーツ数が少ないのは大歓迎。「作りごたえ」より「塗りごたえ」重視。雑誌のレビューやメーカーさんの広告で「豊富なパーツで作りごたえのある・・・」とかのコピーが出てくるキットには近寄らないようにしている。すると、やっぱり「1/350宇宙戦艦ヤマト」は僕にとって近寄りがたいキットなのかなぁ。4万円出して苦労をするか、至福の満足感を味わうか究極の選択でもある。
[PR]
by plamolog | 2007-02-18 16:55 | ◆コスモ・ゼロ 製作 | Comments(0)
そしてワッパ製作は続くのであった
昨日(1月31日)0時の時点で三つの模型コンテストへの出品を逃してしまった。
もともとこの「ワッパ」はホビージャパン誌の「オラワッパコンテスト」に出品するべく製作を始めたのだが、第一子誕生の嬉しいドタバタで、あっさり出品を断念。

では、ということで2週間後に締切られる滋賀県の模型店ファイナルラップの模型コンテストに出品しようと画策。嫁さんと産まれたばかりの娘が里帰りしている間に、独りじっくりと更なる作り込みに励んだ、が、自分にしてはかなり細かいこだわりが出てきてしまい、締切りギリギリまでフィギュアをいじくっていたら、締め切り日を一日間違えていたのが発覚!。このコンテストは現物出品で、なおかつ郵送しようとしていたので、ベースへの固定と梱包の時間がどう考えても無かったので、これもあっさり断念。

二つのコンテストをあっさり断念したのも、もう一つのビッグコンペ「モデコン」があるからと余裕こいていた。しか〜し!!締切り日の31日、写真撮影に異常に時間を掛けすぎたあげく、実家から借りてきた「もの凄くキレイな写真が刷れる」プリンターが「もの凄く印刷速度が遅い」といった頭のイイ大人なら予測できそうなトラブルに見舞われて、プリンターが「ギー、カシューン、ギー、カシューン・・・」と唸りをあげて応募写真を印刷している間に、時計の針が0:00を通過していった・・・。
12時55分の時点で「まだ今からダッシュして郵便局の時間外窓口に行けば31日の消印はもらえる」ぐらいに土壇場の執念を燃やしていた自分には我ながら馬鹿だなぁと思ったりもするが、12時58分になって「この作品をどう成仏させるか?」という事を考えていた。
b0075321_3403120.jpg
↑結局出来たのはココまで。「コ」の字型に壁を配してメインの「ワッパ」をベースの面に平行に置いたことで、なんだか演劇の舞台のようにまとまってしまった。やさぐれたオッサンと工事現場風のセットは、岡八郎と花紀京が出てくる昔の「吉本新喜劇」のようである。まあ、自分で描いていたイメージもそんなところだったので悪くはないが・・・。
実は「ワッパ」を兵士ではないこのオッサン達に囲ませたのは、「アキラ」に出てくる「大東京帝国」や「20世紀少年」の「ケンヂ一派」からヒントを得たもので、「ガンダム」のアニメの別ストーリーとして勝手に自分なりの設定をでっちあげた。
地球連邦とジオンの戦火にさらされ無政府化したとある町の若者たちが、自警を目的に決起した事をきっかけに、ジオン、連邦、両軍を敵にまわす民兵ゲリラ組織へと拡大する。そのごく初期のワンシーンを表現したのがこのヴィネットというわけ。
今まで一生懸命インジェクションのフィギュアを削ってパテ盛りしていたのは、まだこれといった規律も無く訓練もされていない「街のごろつき」な感じが出したかったから。「ごろつき」な反面、それぞれはなんらかの特技を持っており、中にはその筋のエキスパートというような設定も持たせたい。前回登場の「調達屋ボブ」とその子分に続いて
b0075321_4412120.jpg
連邦軍のシステムへの侵入に成功した前科のあるハッカー「ビショップ」。ワッパのプログラムの書き換えをしている様子を表現した。無口でかなりのナルシストという設定。
b0075321_437192.jpg
元航空機エンジニア「メカ政」。ここでは別の機体から獲ってきた機銃のオーバーホールとワッパへの移植を行っている。
b0075321_4494347.jpg
元航空機エンジニアの工場で働いていた青年。
b0075321_4513726.jpg
尊敬する人はチャック・ノリスとトビー門口いう武器マニア「コバヤシ」

などなど、色んな妄想を巡らしながら、気持ち悪〜くにやけて作った次第であります。

はぁ、しかし、この作品どうするべきか。
このまま、春の「ラップコンテスト」に出すべきか、ベースをもっと大きなものに作り直して、更にストーリーの幅を広げて「オラザク」にチャレンジするべきか?
とりあえずは、また別の「締切り前事故」のための保険として置いておこう。
[PR]
by plamolog | 2007-02-01 05:10 | ◆ワッパ-ヴィネット | Comments(2)