ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
最新のコメント
>Tabithaさん ..
by plamolog at 16:46
はじめまして。塗装・工作..
by Tabitha at 11:59
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 00:31
S04号 カメラマンやカ..
by waffe_pzkpfw at 21:02
> waffe_pzkp..
by plamolog at 10:39
右腕はスクラッチなんです..
by waffe_pzkpfw at 10:26
> waffe_pzkp..
by plamolog at 15:24
タイガーフィーバー絶好調..
by waffe_pzkpfw at 19:21
そうですよね〜フィギュア..
by plamolog at 10:02
フィギュア追加すると作品..
by waffe_pzkpfw at 20:54

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
ライフログ
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧
オラザク始動!?
ず〜っとAFVばっかり作っておりますが、今年もオラザクには参戦しようと思っております。そして、いきなり調達したのがこのキット。
b0075321_3313456.jpg
↑ドラゴンの1/35ヘリコプターキットカユースとヒューイ。
オラザクで何故に1/35? 何故にヘリコプター? と思われるでしょうが、僕ごとぎがガンプラをそのまま作っても太刀打ちできないのは分かっているので、昨年同様に変化球勝負でいこうかと。昨年はザク以外はほぼ完全にフルスクラッチとなってしまい、製作に異常に時間が掛かったのですが、今年は製作時間短縮の為に使えるキットはじゃんじゃん使う事にしました。
さてどんなモノができるか? 機会を見てコチラでちょくちょく報告することにします。乞うご期待!
[PR]
by plamolog | 2007-06-29 03:50 | ◆オラザク2007参戦 | Comments(0)
車長と砲手
今回は搭乗員のすりあわせ。
車輛を1944年1月当時の設定にする予定なので、それに合うフィギュアをと思いつつ、大いに空想を含めた考証の結果、防寒着の着用とあいなりました。ドラゴンからリリースされている88mm砲クルーのセットから2体選ぶ。
b0075321_13178.jpg
車長。何かの資料でタイガー1搭乗員がこのフード付きの防寒着を着ていたのを見てこのフィギュアを選んだわけですが、作りながら何の資料だろうと思い出したら「泥まみれの虎—宮崎駿の妄想ノート」でした(笑)・・・・ん?なにか問題でも? あの本ほどタイガーをイキイキ描いている本はないですよ、ほんと。ま、立ち読みなんですけどね。
問題と言えば、キューポラの穴に合わせて脚を調整すると、妙にちょこんとおとなしい座り方になってしまったのが問題かなぁ。
b0075321_134979.jpg
砲手。こちらの方が車長っぽい(笑)。ハッチに自然に手を添える為に、肘に切り込みを入れて角度調整。
b0075321_321524.jpg
↑ところで、銅板で制作したマフラーカバー。調子にのってボコボコにしすぎたか?
b0075321_3224937.jpg
車体サフ吹き完了。履帯もサフ吹きをしかけたけど成形色を下地に活かそうとして途中で止めました。
こうしてクレー状態でチェックするとタイガー1ってなかなか情報量の多いイカしたディテールですね〜。と悦に入る夜更け。続きは次回へ!
[PR]
by plamolog | 2007-06-29 01:23 | ◆タイガー1初期型製作 | Comments(0)
キャタピラ組立て
それぞれのジャンルの模型には、他のジャンル好きには理解できないような面倒臭い作業がある。ザクの動力パイプの整形とか、カーモデルの鏡面磨き、飛行機のリベット再現などなど。やらなくてもイイんだけど、一番苦労する箇所なので見る側もそこを重点的に見てたりして、手抜きできない強迫観念に支配されたりする。でも意外にそのジャンルの人々はそんな面倒臭さこの上ない作業がマゾ的に好きだったりするのも面白い。
戦車模型のマゾ的作業の頂点に君臨するのが可動式履帯(キャタピラ)の組立て。今回はAFVクラブの「HI-TECH TRACK」という可動式履帯をチョイスしました。モデルカステンのものと比べて半額以下の価格なのでちょっと心配していたけど、コレなかなか良いです。
b0075321_452995.jpg
↑両面テープの上に一コマずつ並べていって上からフタをするようにもう一つパーツを接着していくだけ。実車のように連結ピンを差し込んでいくわけではないのでマニア向けではありませんが、僕のような、完成状態のカッコ良さのみにこだわる人にはかなりオススメです。
b0075321_4111018.jpg
パーツはあらかじめ切り出してあるので、2時間もあればチャラチャラっと完成します。ちなみに写真ではすでに「錆び塗装」してるような茶色ですが、これはプラの成形色です。この錆び色を成形色にするなんてなかなかニクイことをしますなAFVクラブさん!
さあ、これでタイガーの全工作は完了しました。次回以降は塗装編に突入します。乞うご期待!
[PR]
by plamolog | 2007-06-27 04:17 | ◆タイガー1初期型製作 | Comments(0)
コストパフォーマンス?
キットのプラ製サイドスカートを放棄して銅板に差し替える。タイガー1型のそれはカタチが単純なので、アフターパーツを求めなくとも自作でまかなえる。銅もしくは真鍮の薄板から36.2mm×10mmの長方形を切り出して、車体取付けシロを1mm折り曲げる。それを両側面分8枚作るだけで完成。エッチングパーツ代が浮くほどのコストパフォーマンスかと期待するものの、銅板の価格と切り出す面倒さを考えれば、やっぱりエッチングパーツかなぁ(笑)。ただ自作ものなので無責任に曲げたり叩いたりへこましたり、気兼ねなくできるという利点はある。
b0075321_14413939.jpg
↑コチラ貼りたてキレイな状態。キッチリ貼ってもこの程度の不揃い感が演出できる(苦笑)
b0075321_14433986.jpg
↑反対側、軽く「ボコった」の図。これがしたくて銅板を使っとるわけです。
b0075321_14471668.jpg
なんだかんだで、組立て完了。次はキャタピラに続きます。
[PR]
by plamolog | 2007-06-24 14:48 | ◆タイガー1初期型製作 | Comments(0)
予備履帯の追加工作
タイガーリベンジ二回目の製作ということで、細かい作業も行っております。工作が細かいというより、そのパーツを表現しようという性根が細かいというか・・・。まぁ完璧にディテールを再現するなどという野暮なことは考えていないのですが、50センチ以上目を離した所から見て「緻密じゃん」と見える程度の細かさを目指しております。逆に言うと「50センチより近づいて見るんじゃねぇよ」という警告も大いに含んでいるわけですが。
b0075321_246285.jpg
スペアのキャタピラに穴を空けて真鍮線で連結ピンを追加。また、キャタピラを砲塔に固定する金具にもコの字に曲げた真鍮線でひと細工。連続するカタチなので、全部をしっかり真面目に作ればなかなかの効果を発揮する。
[PR]
by plamolog | 2007-06-23 03:04 | ◆タイガー1初期型製作 | Comments(0)
タイガー強化月間
このブログを書き始めてから2回目の製作になりますが「タイガー1初期型」を制作しております。前回の物はシュビムワーゲンと競演したジオラマで、ストレートに組んで大満足して終わりましたが、その後「あらら」「こりゃりゃ」で「もうちょっとココをこうしてああして」という気持ちでいっぱいになっておったのですよ実は。キングタイガーを作った勢いでヤクートタイガーに流れこむ前に、そこいらへんの気持ちを整理しておかないと、ということでサクサクとここまで組みました。
b0075321_2163079.jpg
タミヤのキットでしかも2回目なのでサクサク組めます。牽引ワイヤーの類いは全部ステンレスワイヤーに交換、それに伴いワイヤーの固定金具もプラ板とか真鍮板で作成。もうそろそろここらはエッチングバーツ使っても良いのでは?とも思うけど、作れるもんは作りましょう自分で。
b0075321_2225363.jpg
↑こういう何とも言えんワイヤーの「浮き」とかダラダラ感がプラパーツでは出ないんですよ親父ぃ。ちなみに真鍮板は「新撰組」というメーカーの「真鍮シート0.1mm厚」を細く短冊切りして一個ずつ曲げて作成しました。真鍮シートはカッターナイフで切れるのですが、切る時のなんともいえないキリキリ〜という感触と音がたまらなくせ背筋ゾーです。
b0075321_2295661.jpg
↑今回一番したかったのが、このマフラーカバーの鉄板の自作。アフターパーツでもリリースされていますが銅板で簡単の自作できるので自分で作りましょう。キットのプラパーツでも充分なのですが、この後コイツをボコボコにへこました際、プラを熱して曲げたりリューターで削ったりすると、どうもリアル感に欠けてよろしくない。実際に金蔵の薄板をボコれば、リアル感どころの騒ぎじゃなく「へこみ」そのものですもんな。
しかしタイガー1のお尻まわりのディテール密度といったら燃えるもんがありますね。
[PR]
by plamolog | 2007-06-22 02:41 | ◆タイガー1初期型製作 | Comments(0)
積み派ではないんですが
自分は決して「積んどくモデラー」ではないと思って疑わないのですが、自宅で仕事をしていると会社員のように通勤の通りすがりに「都会」に行く機会が無くて、たま〜にあるクライアントとの打ち合わせで出掛ける時に一気に買いだめ、もしくは衝動買いしちゃうんですね〜。常になんらかの製作物があるので、自宅には「とりあえず」ストックしておくんですが、それが「積んどくモデラーなんだよ」と言われればそれまでなんですが・・・。
b0075321_3303215.jpg
↑先日一気に買ったキット。
さて、上から言いわけをしますと・・・・、「タイガー1」と「ヤークトタイガー」の2輛のタイガーは、先日作った「キングタイガー」の続きで、戦車の王道をもう一度しっかり味わいつつ製作する「タイガー強化月間」を個人的に開催しておりまして、その要員ということで・・・。
「4号戦車D型/潜水戦車」は、「潜水戦車って〜おいおい!!」と関西人特有の「おもろそうやから」という理由で買いました。っていうか、戦車モデラーなら4号戦車は作っとかなイカンでしょ? でも、ふた開けてビビってしまってそのままソ〜っと閉めました(笑)。
その下の「M32回収車」と「M51シャーマン戦車」は角の無い丸っこい車台部分が欲しくてパーツとして衝動買いしたもの。この上にM4A1の砲塔を乗せて、現在どのメーカーにも無い(昔ニチモとかドラゴンから発売されていた様なのですが、今はありません)ボディー全部が丸い1/35シャーマン戦車を作ろうと画策しております。このキットで正しいものが作れるかどうかは「???」ですが・・・。
しかしM51はパーツ取りにするには惜しい程の充実した内容のキットで、これはこれでそのまま作って、もう一個買っておいたほうがイイんじゃないか、とも思ったり・・・
そうか、これが「積んどくモデラー」なのか、と嘆いたりしている深夜であります。
[PR]
by plamolog | 2007-06-19 04:05 | ◆雑感 | Comments(0)
M2ブラッドレー完成!
う〜ん、完成としましょう。
M2ブラッドレーアメリカ本土配備仕様でございます。とにかくやたらめったら画像をアップします。
b0075321_4232710.jpg
何度も書いてますが、室内点灯します。しかし上手く写真が撮れない・・・。
b0075321_4184999.jpg
今AFV界では8輪装甲車ストライカーが話題沸騰ですが、そんな時に中途半端に古い現用(正確には現用では無いのですが)を作るとこが僕なりのアイロニーと言っておきましょうか(何が?w)新商品が出るたびに騒ぐんじゃあない・・・と。
b0075321_4201958.jpg
古いキットをほとんど作リ尽くして、もう作るものが無いという人だけが新商品発売に騒ぐ権利があるっちゅうもんですぜ。でも、AFVクラブのストライカーは気になるなぁ〜。買うかなぁ、買うなきっと。
b0075321_420316.jpg
b0075321_4204540.jpg
b0075321_420564.jpg
b0075321_421949.jpg
迷彩塗装した際の立体感のあいまいさを補うための模型的工夫として、ドライブラシによるハイライトを入れる角部分に、あらかじめ迷彩色の中の一番暗い色を意識的に配色しておく試みをしてみました。砲塔前部、運転席まわりなど、まぁまぁそこそこに効果は出ているかな、と。
b0075321_4212653.jpg
b0075321_4215941.jpg
b0075321_4221271.jpg
b0075321_4223222.jpg
b0075321_4224764.jpg
b0075321_4231182.jpg

[PR]
by plamolog | 2007-06-16 04:24 | ◆M2ブラッドレー製作 | Comments(2)
やっぱり荷物をば
今回のM2は国内仕様なのですが、やっぱり多少は荷物を積まないと気がすまない。
っちゅうことで・・・
b0075321_4312268.jpg
↑有刺鉄線は網戸の交換用網から一列だけ切り出して自作。くすんだ色の車輛に良いアクセントになりました。
b0075321_4313570.jpg
コレは以前作ったエイブラムスの余り物から
b0075321_4315483.jpg
こちらも余り物
b0075321_4333716.jpg
アンテナの基部はこう曲がるのが正しい。ウェーブの「A・スプリング」と1mmプラ棒、0.3mm真鍮線で作成。伸ばしランナーを接着する方法がポピュラーですが、僕の場合確実に折ってしまうので、この改造は定番になりつつあります。
[PR]
by plamolog | 2007-06-11 04:42 | ◆M2ブラッドレー製作 | Comments(0)
一寸ディテールアップ
M2ブラッドレー、室内照明を灯した写真を追加しましょう。
b0075321_315640.jpg
b0075321_31396.jpg
↑砲塔ターレットの右にぶら下がっているのはGPSモニター(自作!)。M2A2.ODS(イラク行ったヤツ)の室内写真では確認できたのですが、今回作っているM2に装備されているかどうかは不明。キットにはこんなパーツ付いてないのでたぶん実車でも装備されてないのでしょうが、着けました。「え、なんで!?」って?・・・着けたかったからです(笑)
キットのままでは室内のガチャガチャ感がちょっと足りないし〜、これアメリカ本土配備設定の車輛なので、旧型でもGPSぐらいは後から着けてるんじゃじないかと・・・。あの、オートバックスとかでカーナビつけてもらう感覚。ま、やったもん勝ちということでいきましょう。
b0075321_3155029.jpg
ここまで塗装してから側面のスカートに取手を追加しちゃいました。地味な作業ですが意外に効果ありますよ(と、思いこむ)なんといってもコストパフォーマンスが高い! セコセコモデリング突っ走っております!
では、また!
[PR]
by plamolog | 2007-06-08 03:20 | ◆M2ブラッドレー製作 | Comments(0)