ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
最新のコメント
コメントありがとうござい..
by plamolog at 12:10
初めまして、第2回アーマ..
by ユタ・ビーチ at 10:21
>ブルーベルさん どう..
by plamolog at 14:35
ご無沙汰しております。 ..
by ブルーベル at 16:30
>Tabithaさん ..
by plamolog at 16:46
はじめまして。塗装・工作..
by Tabitha at 11:59
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 00:31
S04号 カメラマンやカ..
by waffe_pzkpfw at 21:02
> waffe_pzkp..
by plamolog at 10:39
右腕はスクラッチなんです..
by waffe_pzkpfw at 10:26

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
ライフログ
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
もうそろそろいいかな〜タイガー1極初期型
フィギュアの塗装も一段落。砲塔に乗せてがっちり接着。オマケの木箱入り88mm榴弾も載せて、そろそろ完成にしようかな、といったところ。
b0075321_23284186.jpg
b0075321_23275034.jpg
車輛本体の進捗は、サイドスカートの取付け跡の追加と、ちょっと暗くなり過ぎた側面を上塗りで明度アップ。
ちょっと本業が忙しくなりつつあるのでこの辺りで筆を置こうか、まだやろうか・・・。
[PR]
by plamolog | 2009-01-28 23:26 | ◆タイガー1極初期型 | Comments(8)
ファレホその後
ちょっと時間ができたので、砂漠の戦車長の続きを塗る。
b0075321_14395945.jpg
下半身はキューポラの中に隠れるのでほどほどに、顔、手、以外はほぼ完成。
さてファレホですが、筆に含ませる塗料の濃度と量に注意すればなかなかに使える絵具です。なるほど凄腕ペインター達がこれを選ぶ理由がなんとなく理解できる。なんとなく、ね・・・。
もう少しこの塗料使い込んでみたいと思います。
[PR]
by plamolog | 2009-01-20 15:23 | ◆フィギュア | Comments(2)
フィギュアも作らねば〜ファレホ.モデルカラーを使う
なんだかゴチャゴチャとしたことがあったようですが、日本の正規代理店がボークスという会社になって、わりと手軽に入手できるにようになった「ファレホ」。(ココで買えますよ)
んじゃ、いっちょ挑戦してみるか。ということで思いつくままにネットでポチって購入しました。
b0075321_15532149.jpg
海外の凄腕ペインター達が挙ってコレを使って唸るような作品を発表しているもんだから、以前からもの凄く気になっていて「アレを使えばオレも超絶な作品が作れるんだな」的な安易な発想なのですが、新しい道具を導入するキッカケってだいたいそんなもんですよね〜。

それで、コレ使うだけで簡単に超絶作品ができるかと言えば・・・できるハズがなくて(笑)
つき合い方を心得ないとかなりややこしいヤツですコイツ。
b0075321_16103936.jpg
ちょいと砂漠の戦車長にペタペタやってみました。
途中まで塗って「ぬわわゎ・・・」と全部剥がして行きつ戻りつ悪戦苦闘して、ふっと気付くと4時間もファレホに遊ばれてました。
で、ファレホのファーストインプレッション。大騒ぎ(僕一人かもしれませんが)する程の事はない、単なるリキテックスとかホルベインなんかのアクリル絵具と同じです。水溶性で乾くと耐水というだけで、発色が特別良いというわけでもなければ、驚異的にムラなく塗れるということもない。むしろエナメル塗料に比べて「伸び」がないのでムラなく塗るのは遥かに難しい。よく雑誌なんかで書かれている「バシっとつや消し仕上がる」ということも眉唾で、色によっちゃあ結構ツヤがでます。
・・・って、悪い事ばっかりみたいですが、それを上回る良い点として
水溶性でシンナー要らず。目薬のような容器で一滴づつ塗料が出せるはかなり便利。
また一旦乾いた塗膜面が強靭で上塗りしても下の色が溶け出さないので、重ね塗りで調子を出すような技法には有利。この特性はハンブロールなんかにも当てはまるのですが、タミヤエナメルとかラッカー塗料ではできない芸当なのです。だからフィギュアなんかの極小面積に薄く何度も何度も絵具を重ねて明暗を付けたりするのには向いてるんですね。
とまあ、まだまだ良い点悪い点はありそうななのですが、僕自身まだ完全に使いこなしていないので、追々詳しく解説することにします。
[PR]
by plamolog | 2009-01-16 16:44 | ◆フィギュア | Comments(2)
タイガーさらに汚し
油彩とパステルでさらにエイジングをかけております。
b0075321_3454567.jpg
天面の処理は側面に比べてやや明るくかつ彩度を落として仕上げます。理由としては日差しによる塗装の劣化や、埃が溜まりやすいこと、人が歩き回って汚れることなんかの物理的な理由と、立体感の強調です。車台天面と砲塔天面の明るさにも変化をもたすと更に立体感がアップします。空に近い程明るくするのです。って言ってもかなり微妙な差なんですけどね。
b0075321_403983.jpg
チッピングには最近このスポンジを愛用しております。筆でチマチマやるよりずっと早くてリアルです。
今回こだわっている「粒子感」の演出にもってこいですね〜。
b0075321_431177.jpg
こんな感じとか・・・
b0075321_46742.jpg
こんな感じとか・・・
b0075321_463457.jpg
こんな感じとか。おしなべて簡単すぎてやり過ぎるのが問題点です(笑)
ただパステルにはないシャープな粒子感が得られるのがイイですな。
b0075321_49196.jpg

[PR]
by plamolog | 2009-01-13 04:13 | ◆タイガー1極初期型 | Comments(6)
タイガーちょっと汚し
シャーマンM4A3をちょっと休んで今回はタイガー極初期型の続きをば。
車台側面までだった「汚し」を車台天面〜砲塔まで進めました。気がつけばこのタイガー、組みだしたのが昨年の8月頃だったので、もうそろそろケリをつけなくてはいかんです。
b0075321_3392665.jpg
↑上が施工後。↓下が施工前。
b0075321_3401220.jpg
砲塔の下部ターレット付近、暗〜明の縦のボカシをわざとらしいぐらいに施しています。この黄色い車体は明度が高くて光を反射しやすく立体感がでにくいので、意図的に強めに暗くしています。効果の程は・・・ま、イイでしょう。
b0075321_40630.jpg
砂漠の戦車ですからコイツの登場。ヌーベル社のパステル。
b0075321_432671.jpg
パルテルを表面に擦りつける方法もありますが、この「粒子感」のような感じが欲しかった。
b0075321_48569.jpg
兵士が砲塔天面を歩いてできたであろう靴底からこぼれた土汚れ。これは塗料ではなかなか表現できないので、油彩のフィルタリングが乾かないうちに粉パステルをふりかけて表現します。
なかなかイイ感じですが、もう少しメリハリは必要な気がするので更に汚しをかけましょう・・・次回に続くっ!!
[PR]
by plamolog | 2009-01-12 04:19 | ◆タイガー1極初期型 | Comments(4)
M4A3シャーマン76mm砲〜サフ吹き
サフ吹きはなるべくしない主義ですが、さすがにレジンパーツてんこ盛りの今回はしっかり吹きました。
b0075321_0442346.jpg
b0075321_0522114.jpg
グレー一色でコントラストがはっきりすると、凹凸満載な強烈なディテールが現れました。こりゃあ塗り甲斐ありますね〜。
[PR]
by plamolog | 2009-01-07 00:55 | ◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン | Comments(2)
載っけてみました3
新春模型製作は地味〜にティッシュペーパーでの対空識別標識シート作りから。
b0075321_4311389.jpg
b0075321_432155.jpg
ティッシュを浸すのに水溶きした木工用ボンドを使う方法もありますが、今回はアクリル溶剤で溶いたマットメディウムを使用。仕上がりはどちらでも大差ありませんが、アクリルの方が若干乾燥が早いような気がします。
b0075321_437825.jpg
薄めたマットメディウムを含ませた筆でそれらしいシワをつけます。下にある物に完全にフィットさせずに適度に浮かせるのがポイントか。
b0075321_4421192.jpg
乾燥後、ティッシュのけば立ち防止の為ラッカー溶剤で薄めたポリパテを塗布して一旦完成。

眠い・・・今日はここまで!
[PR]
by plamolog | 2009-01-06 04:46 | ◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン | Comments(2)