ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
最新のコメント
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 00:31
S04号 カメラマンやカ..
by waffe_pzkpfw at 21:02
> waffe_pzkp..
by plamolog at 10:39
右腕はスクラッチなんです..
by waffe_pzkpfw at 10:26
> waffe_pzkp..
by plamolog at 15:24
タイガーフィーバー絶好調..
by waffe_pzkpfw at 19:21
そうですよね〜フィギュア..
by plamolog at 10:02
フィギュア追加すると作品..
by waffe_pzkpfw at 20:54
> 川田哲史さん ご覧..
by plamolog at 14:15
> グリムさん ご心配..
by plamolog at 14:14

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
ライフログ
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
4号F型〜完成!!
フィギュアと砲塔のフィッティングもばっちり決まって・・・
b0075321_174059.jpg
4号F型完成です!!
これでドラゴン社のスマートキット「4号」をほぼ連続で三つ作ったのですが、F〜G型の同じ車台の車輛なので、さすがに飽きました。でも、精密でいて抜群に作り易いこのスタイルのキットでD型とかE型がリリースされればもちろん即製作でしょうけど。
b0075321_1752893.jpg
製作当初は砂漠のDAK仕様の塗装で行く予定でしたが、北欧のモデラーMirko Bayerl氏のとある作品に刺激されてダークイエローとレッドブラウンの2色迷彩の塗装に変更。1942年ロシアの車輛としました。
b0075321_175589.jpg
ベース色のダークイエローはガイアカラーのドゥンケルゲルプ(1)とブラウンとホワイトを少々混ぜたもの。迷彩パターンのレッドブラウンはタミヤエナメルのデザートイエローとレッドブラウンにクリアーオレンジを少量混ぜた物をかなり薄めて塗っています。
b0075321_177182.jpg
今までは油彩のフィルタリングやエイジングに凝って汚しまくってましたが、今回は立体物としての見栄えを重視して、元の色が隠れてしまうほどのフィルタリングを避け必要最小限に止めています。
4号戦車独特の複雑な面構成を「A:地面と平行な天面」「B:地面に対して立ち上がる直立面」「C:ハの字広がる斜面」と大雑把にA.B.C.3つのパターンに分けて明度彩度のコントロールしています。簡単に分類すると、Aは一番明るい、Bは暗い、Cはやや明るい、と言った具合。ただ、今回Bの暗いとされる部分は彩度をキープする意味でフィルタリングをせず基本塗装をそのまま活かしています。
スミ入れやほどほどの汚し、チッピングを入れるので、結果的には全面にフィルタリングを施した場合と劇的に違うという程ではないのですが、全体の印象がスッキリして、模型として車輛のディテールを楽しむにはこういう仕上げもアリかなと思います。
b0075321_17123128.jpg
簡単地面を付けたヴィネット仕上げ。車輛は取外し可能です。最近近くの店でこの川合木工所の八角形飾り台の入手が困難になってきて困っております。
b0075321_1792730.jpg
↑クリックで拡大します。
b0075321_0302596.jpg
b0075321_0315640.jpg
ドライブラシによるハイライトでディテールを強調する方法は、ジャーマングレーやオリーブドラブなんかの車輛には効果的なのですが、ダークイエローなどの明るい色に対してはやや役不足になり、ともすると逆に立体感を弱める結果になります。そこでチッピングの「剥げ色」利用してディテールの折返しにあたるポイントにそれっぽく色を置いていきました。
b0075321_0584670.jpg
3辺が交差する角やその周辺のエッジラインは、ハイライティング技法からすると最も明るくドライブラシのやり甲斐のある箇所ですが、実はそういう所こそ塗装が剥げやすい箇所だったりして、ハイライトの白にするかチッピングの黒にするか悩ましいトコロです。
b0075321_0592636.jpg
車台の立ち上がりの角、アンテナケース、フェンダー、角という角を剥がしてやりました(笑)
b0075321_121311.jpg
クラッペ部分の鈍角な角もこの方法だとしっかり見えてきます。
b0075321_1262478.jpg
点検ハッチ周辺の塗装剥げはやや茶色っぽくしてサピた感じに。
b0075321_137192.jpg
b0075321_1423626.jpg
b0075321_1441265.jpg
75mm徹甲弾入りの木箱をわざとらしく置いております。この戦車に使った砲弾の説明としてね。
b0075321_1505053.jpg
履帯の弛み具合も良好ですな。履帯の鈍い輝きは鉛筆擦り込んでます。
b0075321_152385.jpg
マフラーの錆び。もはや説明不要でしょう。ちなみに束ねた木の枝は本物にマットメディウムをコートしています。
b0075321_2113686.jpg
と、まあそんな感じで完成しましたキレイ目の4号F型。ミグでもなくバーリーンデンでもなくグリーンランドでもなく、超リアル路線でもない、模型は模型として精密イラストレーションのように解像度上げる北欧スタイルに挑戦してみました。結構自分では満足してたりしますが、いかがでしょうか?
[PR]
by plamolog | 2009-02-21 02:08 | ◆4号F型ヴィネット | Comments(15)
4号F型〜フィギュア.フィッティング
以前にも書きましたが、重心がどっかにズレているポ−ズのフィギュアはカッチョ良いと信じきっている私です。今回も「エエッ!?」「マジで!?」みたいな仰け反りポーズで決めております。
b0075321_2494684.jpg
b0075321_2503155.jpg
この角度から見ると結構リラックスしてる風に見えますね。でも表情は厳しいみたいな。大いにアルパインのフィギュアを意識しております。
b0075321_2505276.jpg
左手はキューポラの縁を持たせつつ右腕の肘はハッチのフタに乗せるというのは、結構大変なんですよマジで。
塗装は、ベースの黒をラッカーで塗ってその上からエナメルで塗り分けしました。ベルトやホルスターなどの革製品と顔は油彩でございます。
[PR]
by plamolog | 2009-02-21 00:48 | ◆4号F型ヴィネット | Comments(0)
忘れてた4号F型
何故だか途中まで作ってて忘れてた短砲身4号F型を発掘。
ちょっとキレイめに仕上げようと、エナメルでスミ入れ。
b0075321_145269.jpg
1942年ロシアで使用された車輛マーキングと迷彩カラーで塗った。ダークイエローの地色に微かにレッドブラウンのパターンが入っている感じ。一見汚れに見えるけど、よく見ると迷彩パターンと認識できる程度にしたい。
b0075321_1554620.jpg
スミ入れ時のはみ出しを拭き取って、汚しも終えた状態。
b0075321_12132345.jpg
いつもは全面にフィルタリングをかけるのですが、今回は砲塔天面とかデッキ部の必要最小限の箇所に施すのみで止めております。
b0075321_235893.jpg
キメキメポーズが笑える戦車兵フィギュアはドラゴン6375「ジャーマン・タンク・クルー」より。キットのままではやたらに広すぎる肩幅はだいぶ削ったのですが、まだ微妙に広い感じ。塗装は前回苦労したファレホをあっさりスルーして使い慣れたタミヤエナメルを使用。やっぱり僕にはこっちの方が相性がイイみたい。
b0075321_2514031.jpg
上体を右に捻りつつ反り返るポーズをとらせるために、下半身と上半身が骨格的にありえない不気味なコトになっておりますが、キューポラ内に収まるのでそこはご愛嬌という事で・・・。
[PR]
by plamolog | 2009-02-18 03:00 | ◆4号F型ヴィネット | Comments(2)
タイガー1極初期型〜完成!
タミヤ1/35タイガー1極初期型完成です。
b0075321_13542857.jpg
地面とプレートなんかも作っておりました。砂漠のイメージといったらサラサラのきめの細かい砂を想像しますが、当時のチュニジアの記録写真を見るとゴロゴロと岩が転がっていて、結構荒々しい感じです。
b0075321_1422454.jpg
b0075321_16124337.jpg
ベースと車輛はボルトナットで取外し可能。
b0075321_14424100.jpg
b0075321_1444479.jpg
b0075321_1453013.jpg
極初期型独特の排気管カバー。ディテールが見えるようにサビはちょっとひかえめに仕上げた。左右のエアフィルターも初期型独自のものですが「極初期型」以降の「初期型」にも使われているので「極初期型」独自の物ではないのですね。
b0075321_1594895.jpg
でもカバーの内側はサビサビです。
b0075321_1418526.jpg
車台側面に付いているワイヤー。これは牽引用のものではなく、履帯交換時に履帯を引っぱるのに使うそうです。ちなみにここはキットの成形パーツは使わずにステンレスワイヤーを使っています。とてもリアルになるのですが、それぞれのフックに束ねて引っ掛ける作業は恐ろしくイライラしますのでおすすめできません(笑)
b0075321_14283649.jpg
b0075321_14285495.jpg
後部車台デッキには木箱入りの88mm榴弾。
b0075321_1431474.jpg
ギラリと光る金色部分はタミヤのペイントマーカーX-12を使っています。金色の輝きはこのペンに勝る物はありません!
b0075321_14355117.jpg
今回もまたさりげなく赤い消火器を配しております。
b0075321_1451464.jpg
b0075321_14361874.jpg
前部にも赤のライトコード。実車はたぶん黒だったようですが、赤という説も捨て切れません。
b0075321_1442285.jpg
実はこのライトコード、ビニール巻き素材のフニャっとしたものは極初期型の特徴で、これ以降はカクカクと車体装甲に沿って折れ曲がる金属パイプ仕様に変更されます。
ハッチの内側(車内天井面)は白のはずなのですが煤と手垢で黒ずんでいる(?)という設定。
b0075321_14501568.jpg
b0075321_1452511.jpg
b0075321_15223876.jpg
b0075321_1525364.jpg
b0075321_15263425.jpg
砲塔天面の塗装は、砂汚れと塗装の劣化具合やキズの感じが難しく何度もやり直しましたが、上手くいったでしょうか?
b0075321_15323322.jpg
ファレホで苦戦したフィギュア。まあまあの出来か?
b0075321_15371321.jpg
しかしタイガー戦車は何度作ってもワクワクするものがある。弁当箱にツナ缶を載せたかのような単純なデザインは、作り手(塗り手)によって如何様にも仕上がるところが挑戦し甲斐あるというもんです。
たぶんこの車輛、また作るんじゃないかな〜。
[PR]
by plamolog | 2009-02-03 16:13 | ◆タイガー1極初期型 | Comments(10)