ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by plamolog
最新のコメント
>waffe_pzkpf..
by plamolog at 00:31
S04号 カメラマンやカ..
by waffe_pzkpfw at 21:02
> waffe_pzkp..
by plamolog at 10:39
右腕はスクラッチなんです..
by waffe_pzkpfw at 10:26
> waffe_pzkp..
by plamolog at 15:24
タイガーフィーバー絶好調..
by waffe_pzkpfw at 19:21
そうですよね〜フィギュア..
by plamolog at 10:02
フィギュア追加すると作品..
by waffe_pzkpfw at 20:54
> 川田哲史さん ご覧..
by plamolog at 14:15
> グリムさん ご心配..
by plamolog at 14:14

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!





LINKS
当サイトはリンクフリーです。リンクされる場合は下のバナーをお使いください


●REIZOさんのブログ
REIZOの覚書

●たーちゃんさんのサイト
模型サイトMFG

●こだわりの工作(塗装も)が眼を惹くだちびんさんの模型ブログ
だちびんの瓶

●キヤコンU-18賞受賞の期待の若手モデラー、リョータさんのプログ。
リョータのAFV模型製作室

●ガンプラでプラモにハマッたJJさんがAFV模型に挑戦する日記です。
模型奮闘記

●大学の同級生zin君のブログ。素組でここまで魅せちゃいます!基礎が違います基礎が!
★模型仁☆

●戦車から飛行機、艦船、キャラものまでこなすオールラウンダー、おとしぶたさんのサイト
プラモつくんないかい

●AFVモデラーyuyaさんのブログ。卓越した質感表現に注目!
Modelers Bench

●マシーネンモデラー
“やなぴ〜”さんのブログ
まっくろでポン

●オラザク、オラワッパで天下を獲った“ぷらもぱぱ”さんのブログ。とにかく「でかい」んです。凄いんです!!
ぷらもぱぱの模型製作記

●AFVモデラー“mp44-afv”さんのブログ。
模型製作所

●Ma.Kモデラー“あに”さんのブログ。上手すぎる質感表現に釘付けになります。
もでらぁの鬱

●AFV模型誌ライター高木さんのブログ
ちょるちょる高木の隠れ家

●渋い写真丁寧な作り込みMIYAZAKI さんのブログ
戦車模型 AFV fun


●アーマーモデリング誌等で超絶作例を発表されている住友たかひろさんのサイト
週末模型親父の部屋

●モデラーでデザイナーのトーテム伊藤さんのサイト。トーテム伊藤の模型の世界


●「オラザク選手権」入賞しまくり!yubabaさんのサイト
puramo-biyori

●模型への真摯な姿勢に脱帽RUNさんのサイト
MODEL RUNNER

●「オラザク選手権」大賞!Nagaokaさんのサイト
n_style


●フィギュアのことならココを見よ
模型慕情

●ガンプラに心酔する友人TKのブログ
TKblogSTYLE

●コンテストでお世話になった模型店
ファイナルラップ



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
ライフログ
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2015年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧
完成!(RC.1/16タイガー1後期型332号車)
完成写真をアップし忘れておりました。
あまりにも大きくてバック紙が足りず後がガチャガチャしておりますが。。。
b0075321_10331044.jpg
威風堂々、やっぱり大きいのは小さい写真でも迫力ありますな。よく金属感を出すために履帯に銀色のドライブラシしたりしますが、これは本物のの金属で、実際に地面に擦れて光ってるのでリアルそのもの。
b0075321_10332159.jpg
b0075321_10531586.jpg

転輪の仕上げ、実は途中まで写真のように土まみれにしてたのですが。。。
b0075321_10542638.jpg

b0075321_1034381.jpg
違和感あるという事でちょっときれいにしました。
b0075321_10341161.jpg
b0075321_10553315.jpg
ちなみに砲塔のハッチは開閉式。内側もしっかり塗ってますよ。
b0075321_10341851.jpg
はぁ〜大きかった。塗っても塗ってもなかなか終わりが見えない戦いでしたが、面白かった〜。別のラジコンも塗りたくなってきましたぞ。ま、しばらくは休みたいけど(笑)・・・・終了〜〜〜!
[PR]
by plamolog | 2015-09-30 11:00 | ◆タイガー1初期型(RC1/16) | Comments(0)
幾つの履帯を組んだだろう
朝からカステンの履帯を組む。。。
b0075321_1042141.jpg
可動じゃないとダメってわけじゃなくて、どちらかと言うとドラゴンのマジックトラックみたなのが好きなんです。しかも、このセンターガイド一個ずつ着けていくのが、、、もう、、はぁ、、、面倒臭い。。。はぁ。昼までには終わらせたい。
[PR]
by plamolog | 2015-09-17 10:49 | ◆雑感 | Comments(2)
1/16RCタイガーI 初期生産型 フルオペレーションセットを塗る2
しかし、でかいでかいでかい! その車体の大きさもさることながら、強度確保のための金属パーツも多用されているので重いのです。ちょっと持ち上げるのも「よいしょ」と声がでてしまいます。
b0075321_1192137.jpg
ウェザリングがんがん進めております。転輪はレインマークが変にならないように真上から塗料を落としつつ汚れを描いています。
b0075321_1117279.jpg
大きいのでOVMの塗り分けは楽です。
b0075321_1117916.jpg
後部の汚しは少しきつめに。
b0075321_11155546.jpg
とりあえず全部の汚し終わったかな。。。。
[PR]
by plamolog | 2015-09-16 11:19 | ◆タイガー1初期型(RC1/16) | Comments(0)
1/16RCタイガーI 初期生産型 フルオペレーションセットを塗る
わが製作所にタミヤの1/16RCタイガーI 初期生産型 フルオペレーションセットが届きました。
b0075321_14552557.jpg
既に完成して可動状態なのですが、グリルメッシュの追加とかウェザリング塗装など施そうとここにやってきました。なかなかこんな高価なラジコン触れないので、しばらく遊びまくり。。。しかしデカイ。
b0075321_1523157.jpg
ウェザリングに入る前に基本塗装の下地を整えます。まずはシルバリングしてしまってるデカールの補修。
b0075321_15165566.jpg
補修って言っても全部紙ヤスリで削ってしまって、
b0075321_15173313.jpg
ジャーマングレーを塗って基本塗装状態のところまで戻してしまいます。
b0075321_1517393.jpg
スケールが1/16ということもあって、シルバリング再発防止のために「332」の文字は余白を切り抜いています。
b0075321_15313324.jpg
車台の中には駆動系のギアとか色んな基盤が入っているので、一応隙間をマスキングして本格的な塗装に入ります。
b0075321_15313858.jpg
大きな車体なので、そんなに必要ないかもしれませんが、カラーモジュレーションやっておきましょう。びしっと立体感が増しますな。
[PR]
by plamolog | 2015-09-14 15:39 | ◆タイガー1初期型(RC1/16) | Comments(0)
完成!!
オットー・カリウスの中期型タイガー1.217号車ヴィネット完成となります!!
では、記念写真をば。
b0075321_917022.jpg
ナルヴァ戦線でのオットー・カリウスと217号車。このヴィネットのテーマはカリウスのリーダーシップ。宮崎駿さんの「泥まみれの虎」でも描かれたナルヴァ戦線でのワンシーンを切り取りました。

1944年2月16日までの間、ティーガー戦車隊はナルヴァ橋頭堡を防衛。第11SS師団ノルトラントと協同してソ連軍の攻撃を排除した。2月16日から24日までリーギィ村地区の戦闘に参加。ナルヴァ河の凍結を利用して前進するソ連軍を阻止した。ソ連軍は夜間に十数回の渡河を決行したが全て排除した。ここでの戦闘には歩兵との緊密な連携が重要であった。カリウスと歩兵は簡単な手信号で意思を疎通し、精密砲撃と歩兵の占領とを円滑に行った。。。「ウィキペディア/オットー・カリウス」より。”
b0075321_9194429.jpg
b0075321_921999.jpg
b0075321_9171678.jpg
b0075321_9174092.jpg
b0075321_9201754.jpg
b0075321_9203470.jpg
b0075321_9205369.jpg
b0075321_9221935.jpg
b0075321_9212694.jpg
b0075321_921493.jpg
b0075321_9215930.jpg

[PR]
by plamolog | 2015-09-11 10:21 | ◆タイガー中期型217.カリウス | Comments(5)
フィギュア製作〜オットー・カリウス
ナルヴァ戦線でのオットー・カリウスとタイガー1中期型ということで、歩兵と戦車兵の連携をテーマに、カリウスを囲んで打ち合わせるシーンを作ります。
b0075321_113516.jpg
うしろで指差ししてるのがカリウスさん。その横が別車輌の戦車長ケルシャー、前で座ってるのが砲手クラーマー、その他が行動を共にした歩兵達。
b0075321_11505041.jpg
それぞれの配置はこんな感じ。打ち合わせを始める戦車兵と歩兵の4人。そこに加わろうと歩きながらカリウスの指差す方向を見る歩兵と、車上からも同じ方向に視線を向ける戦車兵。視線を合わせることで、バラバラな場所に配置しても一体感がもたらされるという狙い。
b0075321_1150728.jpg
場所が決まれば、フィギュア個々の細かい作り込みを行います。銃のスリングや携行品フィッティング、ストラップ類をしっかり作るとグッと密度が増します。
b0075321_123247.jpg
いきなり完成の画でごめんなさい。今回はヘッドも含めて95%はファレホで塗りました。
左はオットー・カリウス。アルパインのキットからヘッドをもってきているので顔がそっくりですね。
b0075321_1261053.jpg
b0075321_1254911.jpg
b0075321_1255982.jpg
左がカリウス車の砲手ハインツ・クラーマー。右は僚車の車長アルバート・ケルシャー。
[PR]
by plamolog | 2015-09-10 12:09 | ◆タイガー中期型217.カリウス | Comments(3)
カリウス・タイガー〜グラウンドワーク
やはり夏の製作は東部戦線ですな。いやぁ寒い寒い。
b0075321_1093466.jpg
前回勢いで汚した足回りに合わせてヴィネットの地面作りもやっちゃいます。泥とか雪を同じ素材で塗れますからね。色味も違和感無くまとめられます。
b0075321_1091844.jpg
泥の雰囲気は炭のように黒々とした炭泥。ロシアの泥の記号みたいなもんですな。黒と白のモノクロの世界のような憂鬱な雪景色です。
b0075321_1032572.jpg
バルサの薄板で木柵を作成。
b0075321_1021144.jpg
雪面に切れ込みを入れて・・・・
b0075321_10323148.jpg
柵を設置。木柵の塗りは茶色の上に2種類の明るさの白をムラにして塗って「剥げ感」を演出しております。下の方は湿気で苔むしてるように塗っておるのですが、、、隠れちゃいました。
b0075321_10432722.jpg
バキバキバキっとね。
b0075321_10434039.jpg
当初はこちらが前の予定だったのですが、フィギュアが見えにくいので反対になりました。
b0075321_1049389.jpg
雨が降っている訳ではないく、重戦車の走行で地面からシミ出てきた水の加工。アクリルのクリアー塗料を数回流し込みます。ここまで濡らさなくとも、雪景色では地面の艶を意識することがポイント。な〜んか塗れてて歩くの嫌だなぁ的な感じ。
・・・・続く。
[PR]
by plamolog | 2015-09-09 10:56 | ◆タイガー中期型217.カリウス | Comments(3)
完成写真〜75cm砲と降下猟兵inイタリア
b0075321_16321553.jpg
タイトルプレートを付けていよいよ完成!
b0075321_16313794.jpg
b0075321_16314217.jpg
b0075321_16314845.jpg

b0075321_16315329.jpg

b0075321_16315958.jpg

b0075321_1632429.jpg

b0075321_16321032.jpg

[PR]
by plamolog | 2015-09-08 08:00 | ◆7.5cm Pak 40 | Comments(0)
オットー・カリウスの中期型タイガー1型の製作
今年オットー・カリウスさんがお亡くなりになりましたが、偶然にも彼の搭乗していたであろう中期型のタイガー1型217号車を製作しておりました。といっても1年以上前から製作は進めていたので、彼の訃報きっかけで製作のスピードが上がったといった感じなのですが。。。。
b0075321_16494233.jpg
このキットが出るまでは、タミヤのキットにツィメリットコーティングを施すのが「中期型」製作の王道だったのですが、このキットの登場でかなり楽できるようになりました。
オットー・カリウス搭乗車の冠がついたパッケージじゃないんですけど、このキットの内容で充分に再現ができそうです。
b0075321_16554199.jpg
b0075321_16555090.jpg
オプションで転輪とタイヤの分割パーツを選べます。カリウス搭乗車と推測される記録写真の車輌が再現できる配慮ですね。これは凄い。
b0075321_1710101.jpg
ツィメリットコーティングは、車台と砲塔での大きさのやパターンの違いも再現されているし緻密。自分でやるよりかこっちのほうが良いです。
b0075321_17101523.jpg
車台側面のフック類は今回自作しましたが、ほとんどキット内の物のみでディテールアップしたかのような仕上がりにできますよこのキット。いやほんとよくできております。
b0075321_17193210.jpg
基本塗装から泥汚れまで一気に進めます。こういうのは勢いが大切。
b0075321_17212129.jpg
車上の汚れ、ここは勢いではなくじっくりと。茶色を基本に青系の色なども使いつつ、少しずつ筆を入れていくのがいいです。
b0075321_1725451.jpg
冬季迷彩の車輌では、白い部分を無くしてしまわないように注意しながら汚しをかけます。
b0075321_17251877.jpg
もうホントなら白い部分が見えなくなるくらい泥だらけになるのでしょうが、そこは演出的効果もあるので、控えめに控えめに。
b0075321_9243970.jpg
それでも、相当に汚いね〜。
[PR]
by plamolog | 2015-09-07 08:28 | ◆タイガー中期型217.カリウス | Comments(0)
怒濤の完成〜75cm砲と降下猟兵inイタリア
ブログ更新せずに何気に5ヶ月も経っちゃってるのですね。あはは、あはは、笑とけ笑とけ。
って、ご心配やお叱りのメールいただいたり、「もうタカペイントは終わったな」とか噂されつつも、本人いたってマイペースでのんびりしておりました。。。。いやぁ、ごめんなさい。あはは、あはは、笑とけ笑とけ。別に病気で入院してた訳でもなく、模型作りに行き詰まってたわけでもなく。ただただ「ブログを書かなかった」だけなのです!!(笑)

で、肝心の模型製作はというと、ブログの更新とは反比例して、ひたすら作りまくる怒濤の製作生活を送っておりましたよ。というわけで、コイツの続き。。。。
b0075321_1654512.jpg
砲とフィギュアを配置して、この後設置する予定の塀の位置のアタリをつけておきます。このマスキングテープのラインで地面の塗り分けなどもします。
b0075321_1655716.jpg
地面を塗って乾かしてる間に「塀」の作成。自作のチョッパーで石垣のパーツを切り出します。
b0075321_166349.jpg
スチレンボードに積み上げた石の模様をケガいてパーツを組み合わせ。ラッカー塗装に耐えられるようマットメディウムで表面をコーティングしておきます。
b0075321_1661894.jpg
設置するとこんな感じね。
b0075321_1662440.jpg
塗りはこんな感じ。ロケーションの設定はイタリアなので、黄土が乾いて白っぽくなった埃っぽいイメージで仕上げております。
b0075321_1663645.jpg
b0075321_1664951.jpg
ココまでくれば、あとはどんどん配置していくと、あっというまに完成です。。。。。ってほんとはめっちゃ時間かかってるんですけどね。
[PR]
by plamolog | 2015-09-06 16:27 | ◆7.5cm Pak 40 | Comments(4)