人気ブログランキング |

ちんぴらモデラータカペイントの実録模型製作血風録
by タカペイント

MAIL
製作のご依頼.製作代行は随時受付中です。お見積りやご質問など、まずはメールをください。
spam 対策のため件名を「見積もり依頼」としてください。

こちらを↓クリック!



カテゴリ
全体
◆オラザク選手権金賞
◆AM誌コンヴィネ受賞
◆アーマーモデリング誌掲載!
◆M1A2エイブラムス製作
◆タイガーと戦車兵
◆ザク・スクーター製作
◆フィギュア
◆Ma.k/SF/キャラもの製作
◆ワッパ-ヴィネット
◆その他の製作
◆ウィリスMBジープ
パンターD型(極初期)632号車
◆U.S.コンバットクルー
◆U.S.空挺兵
◆コスモ・ゼロ 製作
◆M4A3シャーマン中戦車製作
◆キング・タイガー製作
◆道具・材料
◆雑感
◆M2ブラッドレー製作
◆オラザク2007参戦
◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲
◆タイガー1初期型製作
◆ヤークト・タイガー製作
◆日本軍戦車将校製作
◆M4A1中期型(タスカ)
◆タイガー1後期型製作
◆U.S M7プリースト製作
◆タイガー1車内再現モデル
◆1号戦車A型(トライスター)
◆2号J型(アラン)
◆3号突撃砲B型
◆3号突撃砲G型(タミヤ)
◆4号G型ヴィネット
◆4号F型ヴィネット
◆4号G型ヴィネット(AM誌作例)
◆タイガー1極初期型
◆タイガー1初期型332号車
◆U.S.M5A1ヴィネット製作
◆U.S.M4A3(76mm)ドラゴン
◆パンターF型 Sd.Kfz.171
◆キングタイガー(ドラゴン)製作
◆クーゲルブリッツ
◆VK3001(H)
◆M4A1後期型(雑誌掲載用)
◆M4A1後期型(タスカ)
◆4号J型(ハンスの帰還)
◆タイガー1最初期型100号車
◆ヴィルベルヴィンド
◆VK1602レオパルド
◆1号指揮戦車.Sd.Kfz.265
◆パンツァーフェリー
◆プラモデル 製作代行
◆3号突撃砲F/8型
◆1号戦車A型(トライスター003)
◆4号戦車F1型
◆タイガー1後期型242号車
◆キングタイガー(ツィメリット
◆38t戦車B型(トライスター)
◆Sd.Kfz.10/5 & 20mm砲
◆タイガー1中期型・O.カリウス
◆タイガー1初期型321号車
◆ザクヘッド1/35製作
◆3号戦車J型
◆3号戦車H型DAK
◆2号戦車L型ルクス
◆4号戦車H型
◆緑ザク1/35胸像製作
◆タイガー1極初期型132号車
◆メーベルワーゲン
◆ヴィットマン・タイガー007
◆マーダー3 H型
◆1号戦車F型(アークモデルズ)
◆タイガー1初期型332号車(新)
◆4号戦車C型
◆ツェンダップKS750サイドカー
◆宇宙戦艦ヤマト2199
◆3突A型.M.ヴィットマン搭乗車
◆宇宙戦艦ヤマト2199(電飾)
◆タイガー1初期型I号車
◆7.5cm Pak 40
◆フューリー.タイガー131号車
◆タイガー中期型217.カリウス
◆タイガー1初期型(RC1/16)
◆ヴィットマン・タイガーS04
◆タイガー1初期.ダメージ仕様
◆タイガー1極初期型123号車
◆タイガー1極初期型211号車
◆タイガー1極初期型112号車
◆パンターD型(極初期)632号車
未分類
最新のコメント
ありがとうございます。そ..
by plamolog at 14:06
はじめまして おは..
by tomoe1991 at 07:44
>Bluebell タ..
by plamolog at 08:23
>Bluebellさん ..
by plamolog at 08:20
自分も、フィギュア塗りは..
by Bluebell at 22:29
こんにちは。 フィギュ..
by Bluebell at 22:25
かなり個人的な思い入れあ..
by plamolog at 17:37
いやいや本当に死にそうで..
by plamolog at 17:35
お疲れさまです!カッコイ..
by waffe_pzkpfw at 12:15
良かった良かった。ですよ..
by plamolog at 08:10
検索
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 02月
2018年 05月
2017年 11月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ジオラマ作りは足し算である!
どこかの先輩凄腕モデラーが言っていたか書いていたコト「ジオラマ作りは足し算である!」
簡単に聞き流してしまうと「そりゃそうだろ」となるのですが、実は深〜い言葉なんだなぁ、と僕は思ってしまうのです。
勿論、何をどう足すかというセンスが重要なんですが、簡素で空白の目立つジオラマより、密度ぎっしりのジオラマは圧倒的に評価が高いのは事実。空白だらけなのに見る者にガツンとくるジオラマ作品は、これはもう名人技神業の領域で、世界でも何人も作れる人はいません(僕が知っている範囲ですが・・・)
演出としての「空白」は「空白」を足しているわけですが、技量不足でできてしまった「空白」は引き算になってしまう。また、演出として足した「空白」が、見る者にはただの「空きスペース」に解釈されてしまえばマイナス効果となってしまう。よく「余白の美学」などと言われたりしますが、この「余白」「空白」はかなり危険をはらんでいるものなのです。

・・・と、書きつつ、なにを偉そうなこと言っているんだと思ったり・・・

とりあえず・・・、駆け出しチンピラモデラーの僕としては、自ずと「密度ぎっしり」なジオラマで「がんばりましたで賞」を狙うのであります。
そうは言いつつどこまで足せたかどうか・・・氏の作品と自分の作品を見比べて愕然としていたりしております。
b0075321_3174639.jpg
作品斜め後方やや俯瞰で望むの図。雨樋は銅板を丸め、煉瓦の破片は石膏で作成。ポスターはネットで拾ってきた画像を普通紙にプリント。意外に使えますコレ。
b0075321_3212432.jpg
足し算アイテム。フルスクラッチの「樽」(フルスクラッチって・・・大袈裟か?)時計に引き続きバーリンデンとかのじゃないですよ(笑)プラパイプとエポキシパテでシコシコこしらえました。大沢親分に「あっぱれ!」と言ってほしい。
b0075321_3253530.jpg
これも足し算アイテム。「こんな割れ方しないだろう」とつっこみたいか!!大いにつっこんでいただきたい(笑)
b0075321_22163879.jpg
ベース全景。
b0075321_341632.jpg
降下猟兵とHG師団兵士が怒鳴り合うの図。今回の大きなテーマがHG(ヘルマン・ゲーリング)師団の活躍を表現せよとのことで、右写真のこの青い空軍制服を着ておるわけですが、指定色の素塗りでは目を覆いたくなるほどのカッコ悪さで、B級特撮の悪者みたいになる。汚して汚してなんとかここまでもってきました。
by plamolog | 2007-09-07 03:53 | ◆Sd.Kfz.10/4 & 20mm砲 | Comments(6)
Commented by kpfw at 2007-09-08 14:33
こんにちは
大沢親分ではありませんがあっぱれ! いやはやそんな言葉では足りないぐらいの凄さです。
いつも思っているのですが出来上がる過程も含め毎回ため息が出る出来です。見ることができて幸せです^^
Commented by plamolog at 2007-09-08 23:33
kpfwさんありがとうございます。製作は大変ですが、こんなお言葉いただけると励みになります。まだ全貌がお見せできないのが残念ですが、また10月頃には大々的に公開しますのでお楽しみに!
Commented by mickey at 2008-02-21 12:53 x
初めて書き込みます
素朴な質問で申し訳ないのですが
フィギァの塗装は組み立ててから塗るのですか?
もし組み立ててから塗ると塗装困難な場所がほとんどですが
もし、よろしければご伝授のほどお願いします。
Commented by plamolog at 2008-02-21 14:21
mickeyさん書き込みありがとうございます。
フィギュアの塗装ですが、頭部以外は装備品も含めて全部組み立ててから塗ります。バラバラで塗ってから組立てる方法もありますが、結局接合箇所のパテ修正とかで塗装のリタッチをしないといけないので面倒くさくて・・・。(どうしようもない場合は渋々やりますが)
筆が届かず塗装困難な箇所には、予めエアブラシなどで黒を塗っておくか、溶剤で薄めた暗色を筆で流し込めば良いと思います。
「筆の届かないところは影になっているところ」と割り切ってしまうのがイイのではないでしょうか。
なんかいい加減なようですが、参考になりますでしょうか?
一度試してみてください。
Commented by mickey at 2008-02-22 22:22 x
ご回答ありがとうございました。
一度トライしてみます。
これからも素晴らしい作品を楽しみにしています。
余裕がありましたら製作工程のアップも・・・^^;)
Commented by plamolog at 2008-02-22 23:09
ご丁寧にどうも、了解しました!
参考になることでしたら何なりとご質問ください。できる限りお答えします(知識と技術があればの話ですが・・・)
ココを参考にしていただいているというだけで大変励みになります。製作行程頑張ってアップします。今後もお楽しみに!!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 迷彩塗装と泥汚れ造作 20mm砲積載 >>